Mike Shinoda(LINKIN PARK)、最新シングル「Happy Endings」リリース!前代未聞のデジタル・アート・オークションで新曲を発表!?

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

LINKIN PARKのリード・ボーカルのうちのひとり、Mike Shinodaが飛び切りキャッチーなポップ・ロック・アンセム「Happy Endings」をリリースした! フィーチャリングにはバイラル・ヒットを記録した若きラッパー、IANN DIORとアリゾナのポップ女王、UPSAHLを迎え、陽気な春にぴったりの元気が出る楽曲となっている。
 


Mike Shinoda - Happy Endings (feat. iann dior and UPSAHL) [Official Lyric Video]
 
再びジャンルの垣根を越えてIANN DIORとUPSAHLを招き、オルタナティヴ、ヒップホップ、ポップといった要素を取り入れ、唯一無二のコラボレーション・ソングを完成させたMike Shinoda。常に革新的であるMikeは今回デジタル・アートのオークションでシングルを発表するという、メジャー・アーティスト初となる取り組みを行った。75秒のクリップに分かれたデジタル・アートは多くのファンの間で瞬時に話題となった。今回のジャケット写真はMikeとコンテンポラリー・アーティストの Cain Caserが手掛けており、デジタル・アートの落札者10名にはふたりのサイン入りオリジナル・シングル・ジャケットが渡される予定だ。オークションの収益はArtCenter College of Designに寄付される。
 
Mikeは昨年Twitchの配信を通じてファンと一緒に新しい音楽を作り、ときにはプロダクションを教えており、最近ではファンの創った楽曲のプロデュースも行っている。ファンとの共同作業で生まれたアルバム『Dropped Frames』シリーズはメディアからも独創的で唯一無二と称賛された。今後は新曲のミュージック・ビデオの公開が控えているとのことで、ファンはお楽しみに。

▼リリース情報
Mike Shinoda
配信シングル
「Happy Endings (feat. IANN DIOR and UPSAHL)」
MS-Happy-Endings-Cover.jpg
NOW ON SALE!!
 
配信はこちら

掲載元で読む