Coldplay(コールドプレイ)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

Coldplay(コールドプレイ)の人気曲ランキングTOP20とおすすめ曲7選をご紹介。

YouTubeでの再生回数と売上ランキングを元にスコア化したオリジナルの人気曲ランキングと、記事の最後にはコールドプレイのおすすめソングもご紹介していますので、どうぞ最後までご覧ください。

Coldplay(コールドプレイ)

Coldplay

Coldplay(コールドプレイ)は1996年にリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)で結成されたイギリスのロックバンド。

メンバーはリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)、ベーシストのGuy Berryman(ガイ・ベリーマン)、Will Champion(ウィル・チャンピオン)の4人組。

全世界トータルセールスは1億枚以上を記録しています。

こちらもCHECK!! Coldplay(コールドプレイ)の詳しいプロフィールや関連記事
Coldplayのアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

Coldplay(コールドプレイ)の人気曲ランキングTOP20

Coldplay - Up&Up (Official Video)

A Head Full of Dreams

コールドプレイの人気曲ランキング20位は、7thアルバム「A Head Full of Dreams」に収録されている「Up & Up(アップ&アップ)」。

Beyoncé(ビヨンセ)やBrian Eno(ブライアン・イーノ)、4人のミュージシャンの子供たちやゲストなど、グループとコラボレーションしたほぼすべてのアーティストをフィーチャーした合唱団が含まれています。
Noel Gallagher(ノエル・ギャラガー)も貢献し、ラジオ編集では省略された曲の2番目のギターソロを演奏しました。

Coldplay - Christmas Lights (Official Video)

Christmas Lights

コールドプレイの人気曲ランキング19位は、アルバム未収録のクリスマスソング「Christmas Lights(クリスマス・ライツ)」。

原案はリリースの2年前に書かれており、当時制作していたアルバムのリードシングルになるのかと考えられていましたが、収録されませんでした。
BPIではプラチナ認定を受けるヒットとなり、今でもシーズンになると聴かれている曲です。

Coldplay - Everglow [Single Version] - (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング18位は、7thアルバム「A Head Full of Dreams」に収録されている「Everglow(エヴァーグロウ)」。

サーファーから聞いた俗語から曲のタイトルのアイデアを思いついて書かれた曲。
クリス・マーティンの元妻で女優のGwyneth Paltrow(グウィネス・パルトロウ)によるクレジットされていないゲストボーカルをフィーチャーしています。

Coldplay - Trouble (Official video)

Parachutes

コールドプレイの人気曲ランキング17位は、デビューアルバム「Parachutes」に収録されている「Trouble(トラブル)」。

全英シングルチャートで10位に達し、イギリスでは2番目のトップ10シングルになりました。アイルランドでは1位を獲得しています。
リードシンガーであるクリス・マーティンが彼自身の行動に触発されて書かれた曲です。

Coldplay - In My Place (Official Video)

A Rush of Blood to the Head

コールドプレイの人気曲ランキング16位は、2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head」から「In My Place(イン・マイ・プレイス)」。

第45回グラミー賞で「最優秀ロック・パフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門」を受賞したヒット曲。
バンドメンバー全員が共同で書いた曲で、そのアレンジと深遠な歌詞を称賛する批評家から好評を博しました。

Coldplay - Charlie Brown (Official Video)

Mylo Xyloto

コールドプレイの人気曲ランキング15位は、5thアルバム「Mylo Xyloto」に収録されている「Charlie Brown(チャーリー・ブラウン)」。

バンドによると、後にアルバムに収録対象に含まれることを意図してセッション中に録音された最初の曲で、タイトルは「Cartoon Heart」でした。
曲の初期バージョンの歌詞には、有名なピーナッツのキャラクターの言及が含まれていましたが、キャラクターの名前は最終的なレコーディングから除外され、バンドが代替案を考えることができなかったため、チャーリー・ブラウンというタイトルはそのまま残ったようです。

14

Every Teardrop Is a Waterfall

Coldplay

Coldplay - Every Teardrop Is a Waterfall (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング14位は、同じく5thアルバム「Mylo Xyloto」に収録されている「Every Teardrop Is a Waterfall(ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく)」。

Peter Allen(ピーター・アレン)とAdrienne Anderson(エイドリアン・アンダーソン)が書いた1976年の曲「I Go to Rio(アイ・ゴー・トゥ・リオ)」の要素が含まれています。
盗作疑惑なども話題になりましたが、この曲は、最優秀ロック・パフォーマンス賞と最優秀ロック楽曲賞の2つのグラミー賞にノミネートされました。

Coldplay - Speed Of Sound (Official Video)

X&Y

コールドプレイの人気曲ランキング13位は、3rdアルバム「X&Y」に収録されている「Speed Of Sound(スピード・オブ・サウンド)」。

アルバムのためにバンドのすべてのメンバーによって書かれました。ピアノとギターのリフを中心に構成されたこの曲は、シンセサイザーを多用した巨大なコーラスに組み込まれています。
全米ビルボードホット100では初のトップ10入りを果たしています。

12

Princess Of China

Coldplay ft. Rihanna

Coldplay - Princess Of China ft. Rihanna (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング12位は、5thアルバム「Mylo Xyloto」に収録されている「Princess Of China(プリンセス・オブ・チャイナ)」。

エレクトロニックの音楽ジャンルに影響を受けたロック、エレクトロポップ、R&Bの曲で、Rihanna(リアーナ)がゲスト参加しています。
2人のデュエットは肯定的、否定的な意見が分かれ、さまざまな反応がありましたが世界中でヒットしました。

Coldplay - Clocks (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング11位は、2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head」に収録されている「Clocks(クロックス)」。

ピアノのリフを中心に構築されたこの曲は、コントラストと切迫感をテーマにした謎めいた歌詞が特徴です。トラックのリミックスはいくつか存在し、そのリフは広くサンプリングされています。
2010年のローリングストーンの「史上最高の500曲」リストで490位にランクインするなど、2000年代および史上最高の曲をランク付けするリストに掲載されることがよくあります。

以上11位までお送りしました。そしていよいよトップ10のご紹介です!

Coldplay - Magic (Official Video)

Ghost Stories

コールドプレイの人気曲ランキング10位は、6thアルバム「Ghost Stories」に収録されている「Magic(マジック)」。

スタジオアルバムのセッション中にバンドによって録音されました。
曲の最初の部分であるこの曲のベースリフは、2013年2月のバンドのレコーディングセッション中にガイ・ベリーマンによって最初に考案されました。

Coldplay - Fix You (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング9位は、3rdアルバム「X&Y」に収録されている「Fix You(フィックス・ユー)」。

クリス・マーティンがグウィネス・パルトロウを慰めるために書き始められ、その後メンバーで完成させた曲。
この曲の希望に満ちたメッセージと、その2部構成のアコースティック/アンセミックアレンジは、非常に高く評価されました。

Coldplay - The Scientist (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング8位は、2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head」から「The Scientist(ザ・サイエンティスト)」。

ピアノバラードを中心に構築されており、歌詞は男の愛への欲求と謝罪についての物語を語っています。
ミュージック・ビデオはリバースビデオを採用した独特のリバースナラティブで話題となり、MTV Video MusicAwardsでは複数の賞を受賞しています。

Coldplay - Yellow (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング7位は、デビューアルバム「Parachutes」から「Yellow(イエロー)」。

初めて国際的な画期的なヒットとなった曲で、イギリスでは4位、アイスランドで1位、オーストラリアで5位、アイルランドで9位、全米ビルボードホット100で48位に達しました。
世界中のさまざまなレコーディングアーティストによってカバーされており、バンドで最も人気のある曲の1つであり続けています。

6

A Sky Full Of Stars

Coldplay

Coldplay - A Sky Full Of Stars (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング6位は、6thアルバム「Ghost Stories」に収録されている「A Sky Full Of Stars(ア・スカイ・フル・オブ・スターズ)」。

16か国以上でトップ10入りを果たしたヒット曲で、バンドの最初のダンストラックであり、ハウスの影響を受けたEDMトラックとして概説されています。
Katy Perry(ケイティ・ペリー)の曲やNirvana(ニルヴァーナ)の1991年の曲「Smells Like Teen Spirit(スメルズ・ライク・ティーン・スピリット)」にインスパイアされて書かれたそうです。

Coldplay - Viva La Vida (Official Video)

美しき生命 【通常盤】

コールドプレイ
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

コールドプレイの人気曲ランキング5位は、4thアルバム「Viva la Vida or Death and All His Friends」から「Viva La Vida(美しき生命)」。

曲の歌詞には歴史的およびキリスト教の参照が含まれており、トラックはデジタル処理されたピアノと調和してループする弦セクションを中心に構築され、曲が構築されるにつれて他のレイヤーが徐々に追加された異色の曲。
世界中で944万枚以上を売り上げ、第51回グラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞しました。
バンドのみのクレジットによるシングルとしては最大のヒット曲となりますが、YouTube再生回数は7位だったため総合的にこの位置となりました。

›› Coldplay「Viva La Vida」の洋楽歌詞・YouTube動画・解説まとめ

Coldplay - Paradise (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング4位は、5thアルバム「Mylo Xyloto」から「Paradise(パラダイス)」。

2011年にイギリスで最も売れたロックソングで、全英チャートでは「Viva La Vida」とこの曲のみが1位を獲得しています。
クリス・マーティンが自ら自然ドキュメンタリーのスタイルで撮影されたビデオのコンセプトストーリーラインを作成して撮影されたミュージック・ビデオは2012年のMTV Video Music Awardsで最優秀ロック・ビデオ賞を受賞しています。

3

Adventure Of A Lifetime

Coldplay

Coldplay - Adventure Of A Lifetime (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング3位は、7thアルバム「A Head Full of Dreams」に収録されている「Adventure Of A Lifetime(アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム)」。

Rolling Stoneは2015年のベスト50曲のリストで41位にランク付けしたり、NMEの「Songs of the Year 2015」の記事では19番目として掲載されるなど評価の高い曲。
RIAA、BPI共にダブルプラチナ認定を受けるヒットとなりました。

2

Hymn For The Weekend

Coldplay

Coldplay - Hymn For The Weekend (Official Video)

コールドプレイの人気曲ランキング2位は、同じく7thアルバム「A Head Full of Dreams」から「Hymn For The Weekend(ヒム・フォー・ザ・ウィークエンド)」。

「Adventure Of A Lifetime」の次にリリースされたシングルで、こちらも大ヒットしました。
Beyoncé(ビヨンセ)がゲストボーカルで、Avicii(アヴィーチー)がプロデューサーとして参加しており、多くの国でトップ20入りを果たしました。

1

Something Just Like This

The Chainsmokers & Coldplay

The Chainsmokers & Coldplay - Something Just Like This (Lyric)

 Do Not Open

人気曲ランキングはWikipediaに掲載されている出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキング、全米、全英チャートのランキングをポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

おすすめのColdplay(コールドプレイ)7選

コールドプレイの曲でおすすめしたい曲は時期によっても様々ですがまず上位5曲は鉄板です。

Something Just Like This
Hymn For The Weekend
Adventure Of A Lifetime
Paradise
Viva La Vida

その他では間違いなく

Yellow

もおすすめ。おすすめと言うか鉄板ですね。

アルバムが多くリリースされてるバンドは好みも分かれますので割とベタな曲を初心者向けにおすすめしてますが、ランキングに入らなかった曲でおすすめしたいのは「Orphans(オーファンズ)」です。

ランキングに入らなかった曲で日本でも圧倒的に知られている曲は「First of May(若葉のころ)」。

Coldplay - Orphans (Official Video)

2019年のアルバム「Everyday Life」は過去の功績から考えるとヒットしたとは言えませんが聴き応えのある曲ばかりです。

以上がコールドプレイおすすめの曲になります。

まとめ

「Viva La Vida」が2位に来ると思っていたので集計していて軽く番狂わせでした。

「A Head Full of Dreams」が大ヒットした影響もありますし、この時期はYouTubeでミュージック・ビデオを公開するのも主流になり始めていた時期ですから、YouTubeでの人気も大きく影響する結果になりました。

以上、Coldplay(コールドプレイ)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめをお届けしました。

掲載元で読む