AFI、ニュー・アルバム『Bodies』6/11発売!シングル『Looking Tragic / Begging For Trouble』リリース!「Looking Tragic」MVも公開!

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

AFIが待望のニュー・アルバム『Bodies』を6月11日にRise Recordsよりリリースすることを発表した!
 
このアルバムはメロディックで猛烈な「Looking Tragic」と疾走感満載の「Begging For Trouble」、そして長年のAFIコラボレーター、Adam Masonによる「Looking Tragic」のミュージック・ビデオと共に発表された! 『Bodies』はバンドのメンバーであるJade Pugetがプロデュースし、Tony Hoffer(M83/ PHOENIX/SILVERSUN PICKUPS)がミックスを担当している。
 

AFI - Looking Tragic (Official Music Video)
 
フロントマンのDavey Havok、ドラマーのAdam Carsonは以下のように語っている。
 

「Looking Tragic」は、過剰な刺激が脱感作を生むというテーマの曲です。メロディックで猛烈なこの曲は、聴く人の身体を動かすトラックとして際立っていました。
―― Davey Havok(Vo)
 
緩くアレンジされたコードや仮のヴォーカルから、完成度の高いデモをJadeとDaveyから何年も受け取っているうちにどの曲がレコードに収録されるのか、されないのかを見極めることができるようになったと思います。「Begging For Trouble」を聴いたとき、ヴォーカルが入ってきた瞬間、少なくとも私の頭の中ではこの曲は収録されるだろうと気づきました。私にとって、このトラックは新しいレコードの礎となるものです。
―― Adam Carson(Dr)
 

AFIはリーダーであり、フォロワーではない。ニュー・アルバム『Bodies』のジャケットに描かれた、感情に訴えかける人間たちの姿と同じくらい流動的に、絶え間なく創造的進化を続けている集合体だ。今回のレコードは、決して勢いを弱めることなく、妥協や外からの要求に全く興味を示さず、容赦なく動き続けるアーティストたちのスナップ・ショットである。
 
AFIと彼らのオーディエンスの揺るぎない繋がりは、改革と更新、そして探検というバンドが持つ才能の証であり、完全なる信頼性によって支えられている。AFIの曲の数々は、多くのサポーターたちの心のDNAの中に埋め込まれており、『Bodies』は、芸術的探求に対するAFIの断固たる信念、捕らえることができない音楽の女神が唱える闇の呪文をさらに深く実証する作品となった!
 
『Bodies』は、Tony Hoffer(DEPECHE MODE/BELLE AND SEBASTIAN)によりミックスされ、マスタリングはVlado Meller(OASIS/PINK FLOYD)によって行われた。Pugetがプロデュースを手掛け、エンジニアの作業もほとんど彼が担当している。

▼リリース情報
AFI
ニュー・アルバム
『Bodies』
afi_bodies_jkt.jpg
2021.06.11 ON SALE!!
[RISE RECORDS]
 
1. Twisted Tongues
2. Far Too Near
3. Dulcería
4. On Your Back
5. Escape From Los Angeles
6. Begging For Trouble
7. Back From The Flesh
8. Looking Tragic
9. Death Of The Party
10. No Eyes
11. Tied To A Tree
 

シングル
『Looking Tragic / Begging For Trouble』
afi_looking_begging_jkt.jpg
NOW ON SALE!!
試聴はこちら

 
7インチ・レコード
『Twisted Tongues / Escape From Los Angeles』
2021.03.19 ON SALE!!
※通販/配信限定
購入はこちら

掲載元で読む