AC/DCのボン・スコットが在籍したフラタニティ、ボックスセットで音源がリリース

2 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

Image supplied

Photo: Image supplied

AC/DCのボン・スコットが在籍していた70年代のオーストラリアのバンド、フラタニティの全音源が本日リリースされている。

『シーズンズ・オブ・チェンジ:コンプリート・レコーディングス1970-1974』と題されたボックスセットはアデレードの音楽プロモーターのヴィクター・マーシャルが編纂したもので、バンドの存命のメンバーやマネージャーのハミッシュ・ヘンリーとのコラボレーションとなっている。

チェリー・レッド・レコーズから1月22日にリリースされた本作はバンドの2枚のオリジナル・アルバム『ライヴストック』と『フレーミング・ガラー』のほか、シングルなどが収録されており、ハミッシュ・ヘンリーのオリジナル・テープからリマスターされている。ボン・スコットはリード・ヴォーカルを担当している。

加えて未発表のアルバム『セカンド・チャンス』も収録されており、ボン・スコットはヴォーカルとソングライティングで参加している。ボン・スコットは1971年から1973年までフラタニティのヴォーカリストとして活動し、翌年から1980年に亡くなるまでAC/DCのヴォーカリストを務めている。

「オーストラリアで最も先駆的で重要なパブ・ロック・バンドの一つと仕事をできることは夢が叶うことでした」とヴィクター・マーシャルは述べている。彼は失った音源を探し出し、バンドの伝記本のためにインタヴューも行っている。

「ブルース・ハウ、ジョン・フリーマン、ジョン・ビセット、サム・シー、マウリ・バーグ、アンクル・ジョン・アイアーズ、トニー・ベテルといったバンドの人々、そしてバンドのオリジナル・マネージャーのハミッシュ・ヘンリーの寛大さがなければ実現できなかったでしょう。フラタニティがふさわしい認知を獲得し、真の物語が語られることを願っています」

フラタニティはオーストラリアのシドニーで1970年に結成され、翌年オーストラリア南部のアデレードに移って、デビュー・アルバム『ライヴストック』をリリースし、1972年には『フレーミング・ガラー』をリリースしている。

バンドはその後、メンバーや名前を変えて活動し、コールド・チゼルのフロントマンであるジミー・バーネスも短期間在籍していた。最後はミッキー・フィンという名前で活動していたが、1981年に解散している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む