【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ロジャー・テイラー

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

ロッキング・オン6月号では、「究極のギタリスト」を特集しています。そこでギタリスト特集とあわせて 、昨年の9月号に掲載したロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ドラマー」を43日にわたり、毎日1人ずつご紹介します。

「究極のロック・ドラマー」に選ばれたアーティストはこちら。

ロジャー・テイラー(クイーン)

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ロジャー・テイラー

クイーンの前身にあたるスマイルが結成されたのは、ブライアン・メイによる「ミッチ・ミッチェル、ジンジャー・ベイカーのようなドラマー求む」という募集広告にロジャー・テイラーが応えたことが発端となっている。実のところ、超ヘヴィなビートを聴かせるわけでも、露骨にテクニカルなプレイを披露するわけでもないだけに、彼のプレイはさほど特徴的とは言い難い。

が、逆に言うとダイナミックさからスウィング感、小技を光らせるセンスといったすべてを持ち合わせ、多様なクイーンの楽曲を効果的に盛り立てているのが彼なのだ。ある意味、ロックンローラー然としたたたずまいをしていながら、オーケストラの一員的な役割に徹しているかのような部分もある。

それは、彼がドラムのみならずギターやキーボードも手掛け、自らもボーカルをとる総合的な音楽家であり、ソングライターであることとも無関係ではないだろう。つまり、担当楽器の譜面だけではなく楽曲全体の像、アルバムのなかでのその曲の役割といったものまでが、しっかりと捉えられているのだ。

そして、クイーンとしての起点となったこの第一作に収録されているデビュー・シングル“炎のロックン・ロール”では、何よりも彼のドラム・ソロが耳を引く。この曲が、新たなスター・ドラマー誕生を告げるクイーン伝説の序章となったことを考えると、なかなか感慨深いものがある。(増田勇一)


ロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ギタリスト」特集掲載号は、現在好評発売中。ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

Amazon

楽天ブックス

タワーレコード オンライン

HMV&BOOKS online

セブンネットショッピング

Fujisan.co.jpリンク

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/ロジャー・テイラー - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号

掲載元で読む