【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/カーマイン・アピス

1 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

5月7日発売のロッキング・オン最新号では、「究極のギタリスト」を特集します。そこでギタリスト特集に先駆け、昨年の9月号に掲載したロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ドラマー」を43日にわたり、毎日1人ずつご紹介します。

「究極のロック・ドラマー」に選ばれたアーティストはこちら。

カーマイン・アピス(ベック・ボガート&アピスなど)

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/カーマイン・アピス

80年代まではロック界屈指のドラマーと誰もが評したカーマイン・アピスだが、特に有名なのは、ジェフ・ベックと72年から74年まで組んでいたベック・ボガート&アピスとしての活動だろう。もともとこのユニットでベースとボーカルを務めたティム・ボガートとも付き合いが古く、サイケ・ポップで有名なヴァニラ・ファッジのオリジナル・メンバーとしてリズム・セクションを支えたが、ふたりはその後ハード・ロック寄りのカクタスを結成するため脱退、さらにカクタスを脱退してジェフ・ベックと合流した。

スタイルとしては手数が多いのに大きくうねるようなダイナミックなグルーヴも同時に生み出す独特なスウィング感が魅力で、文句なしに聴いていて楽しいドラムだ。そうした意味でも、ジェフ・ベックとの活動が最も力を発揮できた場で、当時は日本のみのリリースとなった『ライヴ・イン・ジャパン』は特にカーマインの力量をよく示す音源だったし、そのためか日本ではファンも多かったように思う。なお、ベック・ボガート&アピスではリード・ボーカルとしても活躍した。

その後、カーマインはロッド・スチュワートのバンドに参加するほか活動は多岐に及ぶ。また、ティムと組んだリズム・セクションとして、Charやリック・デリンジャーらとそれぞれにCBA、DBAとして活動したりもしている。(高見展)


ロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ギタリスト」特集掲載号は、5月7日発売です。ご予約・ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

Amazon

楽天ブックス

タワーレコード オンライン

HMV&BOOKS online

セブンネットショッピング

Fujisan.co.jpリンク

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/カーマイン・アピス - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号

掲載元で読む