砂漠のジミヘンことエムドゥ・モクター、マタドールより5/21全世界爆音デビュー&新曲「Tala Tannam」解禁

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

米名門Matador Recordsとの契約も大きな話題を呼んだニジェール共和国のサイケ・ヒーローにして、今世界で最も注目を集めるギター・ヒーローのひとり、エムドゥ・モクターが待望の最新アルバム『Afrique Victime』を20201年5月21日(金)に世界同時リリースする。強烈なアルバム・オープナー「Chismiten」に続いて、新曲「Tala annam」を公開した。

◆エムドゥ・モクター 関連動画&画像

今回公開された楽曲はシグネチャー・サウンドである強烈な爆風を撒き散らすロック・サウンドに対して、もう一つの彼らの魅力である陽性なサイケデリアが滲み出るシンプルでメロウなアンプラグド・ナンバー。ビデオはプロデュースとベースを担当するメンバーのマイキー・コルタンがアルバムの準備をするためにニジェール共和国に住むバンドメイトのもとを訪れた際に撮影され、現地のコミュニティの絆が描かれている。

エムドゥ・モクターはプリンスの「パープル・レイン」を再考した初のトゥアレグ語映画「Akounak Tedalat Taha Tazoughai」で主演を務めたことで世界から注目を集めたギタリスト、ソングライターのエムドゥー・モクターを中心とした4人組バンド。破竹の勢いで走るリズム・セクション、伝統的なトゥアレグのメロディズムと高速フィンガー・ピッキング、惜しくも先日亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンが放った大胆な威厳の両方をルーツとした唯一無二のサウンドで世界中のフェスティバルを席巻。彼らのライヴのエネルギーは比類なきもので、『Masters of Reality』時代のブラック・サバスの魅惑的なブギーから、ブラック・ウフルの崇高でしびれるようなグルーヴまでをも彷彿とさせる獰猛なバンド・アンサンブルでいとも簡単にオーディエンスを爆発的に盛り上げている。

欧米からは決して産まれ得ない、ロックの新たな可能性とダイナミズムを更新するであろうMatador Records移籍後初となる最新アルバム『Afrique Victime』は2021年5月21日(金)に世界同時リリース。日本盤CDには解説及び歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックを追加収録。また、アナログ盤は通常のブラック・ヴァイナルに加え、数量限定のパープル・ヴァイナルが発売。CD/LPともに本日より随時各店にて予約がスタートする。


『Afrique Victime』

2021年5月21日(金)リリース
BEAT RECORDS / MATADOR RECORDS
国内盤CD
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入 OLE1614CDJP ¥2,200+税
BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11737

◆BEATINK オフィシャルサイト

前のページへ

記事の続きを読む

この記事の関連情報

掲載元で読む