リズ・フェア、初期作品も手掛けたブラッド・ウッドのプロデュースによる11年振りとなる新作完成

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

リズ・フェアは11年振りとなる待望のニュー・アルバム『Soberish』の詳細を発表した。

◆リズ・フェア 関連動画&画像

『Exile In Guyville』『Whip-Smart』『whitechocolatespaceegg』といったフェアの作品も手掛けた長年のコラボレーター、ブラッド・ウッドのプロデュースによるアルバムは、2021年6月4日にChrysalis Recordsよりリリースされる。

彼女の比類なきデビュー・アルバム『Exile In Guyville』(Rolling Stone誌、2020年度の500グレイテスト・アルバム・オブ・オール・タイムで56位にランクイン)がリリースされてからほぼ30年が経ったが、長年のファンを満足させ、若いオーディエンスに今の彼らのヒーローに影響を与えた自身を紹介するため、彼女は戻ってきた。1990年代、リズ・フェアはインディ・ロックの規範の中心にいた。数えきれないほどの雑誌、初期のAppleのCM、Gapの広告等に取り上げられ、彼女のようなオルタナティヴな存在では考えられないような地位を確立したのだ。

『Soberish』は今のフェアの肖像画だ。そこでは、彼女が持つメロディックなアウトプットの全てが美しく完璧な形で合成する。アレンジは伝統的なソングライティングの基準からはかけ離れているが、フックはとてもキャッチーで、リスナーが音楽と共に引きこまれるそのイメージには説得力がある。

リズ・フェアは25年間、レコーディング・アーティストとして活動し、ツアーを行ってきた。現在まで全世界で500万枚以上のレコードを売り上げ、3枚のアルバムがアメリカでゴールド・ディスクとなり、2枚のアルバムがグラミー賞にノミネートされている。1990年の初めにシカゴで『Girly Sound』というカセットを自主リリースして以来、彼女の巧妙で時として残酷なまでに素直な曲は高い評価を獲得してきた。1993年にはMatador Recordsと契約し、デビュー・アルバム『Exile in Guyville』をリリース。Rolling Stoneは「史上最高の500枚のアルバムの1枚」、Pitchforkは「90年代最高の100枚のアルバムの1枚」に、それぞれ同作品を選出した。続く1994年の『Whip-Smart』で彼女はRolling Stoneの表紙を飾り、メジャー・デビュー作となった1998年の『Whitechocolatespaceegg』でも賞賛は続いた。メガヒット・シングル「Why Can’t I?」を収録した2003年のセルフ・タイトル作と2005年の『Somebody's Miracle』では、3分半の傑作を書くという彼女の才能が再確認された。2010年には自身のオフィシャル・ウェブサイトから『Funstyle』を自主リリースした。


『Soberish』

2021年6月4日(水)リリース
BRC15J[CD/国内流通仕様]  ¥2,300+税
ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Spanish Doors
2. The Game
3. Hey Lou
4. In There
5. Good Side
6. Sheridan Side
7. Ba Ba Ba
8. Soberish
9. Soul Sucker
10. Lonely Street
11. Dosage
12. Bad Kitty
13. Rain Scene

◆リズ・フェア オフィシャルサイト

前のページへ

記事の続きを読む

この記事の関連情報

掲載元で読む