ボブ・ディラン、伝記をめぐって2人の著者がその出来について口論となることに

3 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランの伝記をめぐって2人の著者がその出来について口論となっている。

2001年刊行の『ダウン・ザ・ハイウェイ:ボブ・ディランの生涯』の著者であるハワード・スーンズはクリントン・ヘイリンが『ザ・ダブル・ライフ・オブ・ボブ・ディラン vol.1 1941-1966:ア・レストレス、ハングリー・フィーリング』で書いた表現に反応を示している。クリントン・ヘイリンはその序文でハワード・スーンズを「プロフェッショナルな中傷家」だとして、「教養がない」本を書いたと述べている。

ハワード・スーンズは『ガーディアン』紙でクリントン・ヘイリンについて「自己満足的なひどい作家」だとして、その著書を「すさまじく退屈」だと述べている。

ハワード・スーンズは次のように述べている。「他の作家のことをよくない作家だと言うのは礼儀正しいこととは言えないよね。自分に返ってくることになるわけでさ。お返しとして、自己満足的なひどい作家だと言っておくよ。彼の本は長くて冗長だからね。それはボブ・ディランの曲の解釈で、すさまじく退屈だよ」

彼は次のように続けている。「2001年に僕がボブ・ディランがキャロリン・デニスと2度目の非公開の結婚をしていたことを明かして、たくさんの評判を呼んだことに怒っているようだね。あれは世界中で記事になって、本がベストセラーになる手助けとなったんだ」

ハワード・スーンズによる『ダウン・ザ・ハイウェイ:ボブ・ディランの生涯』は5月にボブ・ディランが80歳の誕生日を迎えるのに際して最新版が今月刊行される。ハワード・スーンズは『ザ・ミラーズ』紙の新聞記者で、詩人のチャールズ・ブコウスキーとポール・マッカートニーの伝記を手掛けている。

クリントン・ヘイリンは新刊でハワード・スーンズの著書について「気が滅入る形で進んでいく教養がない詮索」だと述べている。

『ガーディアン』紙はクリントン・ヘイリンにもコメントを求めたが、コメントは得られなかったという。

先日、ボブ・ディランは『ブロンド・オン・ブロンド』で使用されたギターがオークションに出品されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む