ブライアン・メイ、エルヴィス・プレスリーとフレディー・マーキュリーを例に「ミュージシャンは声だけでなく、見た目のカリスマ性も大切」と語る

1 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

30分前

ブライアン・メイ、エルヴィス・プレスリーとフレディー・マーキュリーを例に「ミュージシャンは声だけでなく、見た目のカリスマ性も大切」と語る

クイーンのギタリストであるブライアン・メイが、「ミュージシャンは声だけでなく、見た目のカリスマ性も大切だ」と述べている。

Express」のインタビューで、エルヴィス・プレスリーやクイーンのフロントマンだったフレディ・マーキュリーの目を引くパフォーマンスが話題に。

そしてブライアンが、「ロック・ミュージックにはビジュアル性が不可欠だ」とコメントしていたという。

ブライアンは、出場者の容姿やスター性を考慮せず、純粋に声だけで勝負するオーディション番組『THE VOICE 最強の歌声は誰だ』の主旨に意を唱え、シンガーは声だけでなく全身によるパフォーマンスも重要だと語った。

「(パフォーマンスには)かなり多くのレベルで起こる全身のコミットメントや経験、信念があるよね。その一部を蓄音機のレコードに詰め込むことはできるけど、それだけじゃない。パフォーマンスには、あらゆる方法で伝わるスピリットがあって、エルヴィスはそれを持っていたと思う。すごくフィジカル(身体的)で、それは重要かつ不可欠だ。

だからこそ、ロック・ミュージックは永遠なんだと思う。ロックは、世界で最もフィジカルな音楽表現の一つになっている。それは純粋なリズムと体の動き、そして、声を通して何かを表現することに深く関連している音楽の起源を思わせるんだ」

そしてブライアンは、フレディもエルヴィスから大きな影響を受けていたと明かし、「もちろん、特にフレディだね。エルヴィスはフレディの偉大なるヒーローの一人だったんだ」とも付け加えていた。


フレディ・マーキュリーが表紙の『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

Amazon

楽天ブックス

タワーレコード オンライン

HMV&BOOKS online

セブンネットショッピング

Fujisan.co.jpリンク

ブライアン・メイ、エルヴィス・プレスリーとフレディー・マーキュリーを例に「ミュージシャンは声だけでなく、見た目のカリスマ性も大切」と語る - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号

掲載元で読む