ビーチ・ボーイズ、バンドの知的財産権を売却。音源や記念品、肖像権など、金額は明かされず

1 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

1時間前

ビーチ・ボーイズ、バンドの知的財産権を売却。音源や記念品、肖像権など、金額は明かされず

ビーチ・ボーイズが、バンドの知的財産権を売却したことが明らかとなった。

Ultimate Classic Rock」によると、米実業家アーヴィング・エイゾフが経営するIconic Artists Groupが、バンドの音源や記念品、肖像権などを含む知的財産権を購入したという。その売却額は明かされていない。

そんななか、メンバーのブライアン・ウィルソンとマイク・ラブ、アル・ジャーディン、カール・ウィルソンの遺産管理団体が、知的財産の売却について次のような共同声明を発表した。

「ビーチ・ボーイズとバンドの歌は、私たちの人生において大きな喜びのひとつです。半世紀以上の間、私たちは世界中の何世代にもわたるファンが集まり、バンドが何十年も愛し演奏してきた曲を合唱して踊り、音楽を楽しむ姿を目にしてきました。

来たるビーチ・ボーイズの結成60周年に向けて、私たちは、音楽が時の試練を超えるバンドとして伝統を守り続けながら、ブランドの機会を拡大するためのパートナーを求めていました。アーヴィングとIconicは理想的なパートナーであり、ビーチ・ボーイズの続いていくレガシーが、考え得る限り最高の所有者の手にあると確信しています。私たちは、ビーチ・ボーイズとしての偉業と、バンドの曲がファンに共鳴し続けることを誇りに思っています」

ここ最近ではビーチ・ボーイズのほかにも、ボブ・ディランニール・ヤングフリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスとリンジー・バッキンガムが、巨額で音楽カタログの権利を売却したことが話題となっていた。


『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

Amazon

楽天ブックス

タワーレコード オンライン

HMV&BOOKS online

セブンネットショッピング

Fujisan.co.jpリンク

ビーチ・ボーイズ、バンドの知的財産権を売却。音源や記念品、肖像権など、金額は明かされず - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号

掲載元で読む