ビリー・アイリッシュ、ドキュメンタリーの監督が抱えているものの大きさについて語る

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

Apple TV+

Photo: Apple TV+

ビリー・アイリッシュについてドキュメンタリーの監督を務めたR・J・カトラー監督は彼女の名声では「多くを担わなくちゃいけない」と語っている。

R・J・カトラーは先週アップルTV+で配信されたドキュメンタリー『世界は少しぼやけている』を手掛けている。

「ビリー・アイリッシュであることで彼女が背負っている重荷があることを理解するのは難しいことじゃないよね。あれは簡単ではないよね」とR・J・カトラーは『インディペンデント』紙で語っている。

「彼女は痛みも喜びも抱えていて……僕として言いたいのは、彼女は世代の痛みや喜びを背負っているんだ。今や彼女は世界のものだからね。多くを担わなくちゃいけないんだ」

ビリー・アイリッシュの成長についてR・J・カトラーは次のように続けている。「片足は子どものほうにあり、片足は大人のところにある、そんな人生のこの瞬間にずっと興味があるんだ」

「多くのことの境界線にいる桁外れのアーティストなんだ。ポップスターであることを抜きにしても、彼女は女性になろうとしている女性なんだ」

ビリー・アイリッシュはドキュメンタリーの撮影について「密着し過ぎだけど、楽しかった」と語っている。

「一人の人間として私たちは自分に価値がないと常に考えてしまいがちだと思う」とビリー・アイリッシュは『ザ・レイト・ショウ・ウィズ・スティーヴン・コルベア』で語っている。

「すごく密着し過ぎで、あまりにもと思って、『どっか行って』と時々思ったけど、楽しかったわ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む