テイラー・スウィフト、次の再レコーディング作品に取り組んでいることが明らかに

3 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』に続く再レコーディング・アルバムに既に取り組んでいることを明かしている。

取り組んでいるアルバムが再レコーディングするとしている6作のうちのどれかは明らかになっていない。テイラー・スウィフトは2006年発表のデビュー・アルバムから2017年の『レピュテーション』までの6作を再レコーディングする予定となっている。

テイラー・スウィフトは僅か259日のうちに3枚のアルバムが全英アルバム・チャートで首位を獲得したことで、ザ・ビートルズが54年間保持していた記録を破っている。全米アルバム・チャートでも1年間のうちに3枚のアルバムが首位を獲得した初の女性アーティストという記録を作っている。

オリジナル・リリースから12年を経て『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』が全米アルバム・チャートの首位を獲得したのを受けて、テイラー・スウィフトは次のようにツイートしている。「次のアルバムをレコーディングするために1日中スタジオにいたの。みなさんが達成してくれたことは本当に素晴らしいわ」

Been in the studio all day recording the next one – it’s really so amazing what you all have done here. 🙏🙏🙏 https://t.co/rxa5njMn0z

— Taylor Swift (@taylorswift13) April 18, 2021

テイラー・スウィフトはスクーター・ブラウンのイサカ・ホールディングスがビッグ・マシーン・レーベル・グループから2019年6月にテイラー・スウィフト音源の権利を買収したことを受けて、過去の音源を再レコーディングする意向であることを発表していた。昨年11月、音源の権利は2年間で2度目となる売却を経験している。

先日、テイラー・スウィフトはニューヨークのトライベッカにある住居に侵入しようとした男性が逮捕されている。

警察は『ページ・シックス』にドアを開けたまま建物に侵入しようとしているとして通報を受けたと語っている。52歳のハンクス・ジャクソンは争いもなく逮捕されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む