テイラー・スウィフトの自宅に不法侵入しようとした男「彼女から招待された」

3 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

2021.4.20 21:47

週末(4月17日)、テイラー・スウィフトの自宅の1つ、NYマンハッタンにあるアパートメントに不法侵入しようとした容疑で、52歳の男Hanks Johnsonが逮捕された。

『Daily News』によると、男は許可なく建物の中に侵入したため、通報され、不法侵入の容疑で起訴されたという。

日曜日夜、自己誓約により保釈された男は、裁判所前で『Daily News』からの質問に答え、テイラーのインスタグラム・アカウントにダイレクト・メッセージを送ったところ、「彼女からメッセージが来た。(家に)来るように招待されたから、行ったんだ。プレゼンについて彼女と話すため行ったら、警察が来た」と話したという。自身は演説家であり、アメリカをトップに返り咲かせるため、彼女の前でプレゼンするようテイラー本人から依頼されたそうだ。逮捕されたとき、警察にもそう説明したという。

テイラーはそのとき、アパートメントにいなかったと言われている。テイラーのNYのアパートメントには、2018年4月、彼女が留守中、22歳の男が窓を割り不法侵入し、逮捕された。

彼女へのストーカー行為は後を絶たず、彼女は2019年、『ELLE』のコラムで「自宅に押し入ろうとするストーカーは十分な数いて、悪いことが起きるのではと備えるようになる」と綴っていた。

Ako Suzuki

この記事の関連情報

掲載元で読む