スポティファイの創業者のダニエル・エク、新たな買収案を準備していると報道

6 日前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

スポティファイの共同創業者であるダニエル・エクはフットボール・クラブのアーセナルの新たな買収案を準備していると報じられており、その金額は20億ポンド(約3000億円)になると見られている。

先日、ダニエル・エクは彼のアーセナル買収の提案は現在のオーナーであるクロエンケ・スポーツ&エンタテインメントに断られたことを明かしていた。

18億ポンドだったダニエル・エクの買収案はティエリ・アンリ、パトリック・ヴィエラ、デニス・ベルカンプといったアーセナルの伝説的選手も支持しており、ダニエル・エクは依然として買収に興味があると表明していた。

今回、『スカイ・スポーツ』はダニエル・エクがアーセナル買収のために20億ポンドを準備したと報じている。

しかし、長年アーセナル・ファンの注目の的となり、4月にヨーロッパ・スーパー・リーグに参加しようとしたことで批判を受けたクロエンケ・スポーツ&エンタテインメントはアーセナルを売却するつもりはないと述べている。

最初の買収案が断られた時にダニエル・エクは次のようにツイートしている。「彼らはお金を必要としているわけではないと返事をしてきたよ」

「彼らの決断は尊重するけど、状況が変わって買収可能になったら、依然として興味は持っているんだ」

先日、現在アーセナルの監督を務めているミケル・アルテタはダニエル・エクの買収案を受けてクラブが「前に進む」べきだと語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む