スティーヴ・ヴァイ、ばね指発症の経緯を明かす

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

2021.3.2 18:45

スティーヴ・ヴァイはニュー・アルバムを制作中、親指をおかしなポジションに置きながらギターをプレイし続けたため、ばね指(指の腱鞘炎の一種)を発症し、最近、手術を受けたそうだ。

彼は『Guitar Villains』ポッドキャストで、指を痛めた経緯について、こう話した。「面白いことしてたんだよ。親指をおかしな場所に置いて、そのコードを長いこと押さえておかなきゃいけなかった。辛いポジションなのはわかってた。でも、プレイし続けていたら、20分後、手に痛みを感じるようになった。捻挫みたいなことになったんだね。そしたら急にばね指を発症したんだ」

「治すのは難しいことじゃない」し経過は順調だが、今は「しばらくプレイできない」状態だという。

彼は先月には、肩を痛め、手術を受けたとも明かしていた。

思わぬ怪我により予定していたより時間はかかっているが、スティーヴ・ヴァイは、“アコースティック・ヴォーカル”のアルバムの制作に取り掛かっているという。

Ako Suzuki

この記事の関連情報

掲載元で読む