ジェイド・バード、レディオヘッドの“Black Star”をカヴァーした映像が公開

3 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

ジェイド・バードはレディオヘッドの“Black Star”をカヴァーした映像が公開されている。

ジェイド・バードはライヴでこれまでも“Black Star”を演奏してきたが、映像が正式に収録されたのは初めてとなっている。

テネシー州ナッシュヴィルにあるRCAスタジオでこのパフォーマンスは収録されている。ジェイド・バードは最新EP『RCAスタジオ Aセッションズ』をリリースしている。

EPにはザ・ビー・ジーズの“To Love Somebody”のカヴァー、“Something American”のピアノ・バージョンも収録されている。

「ルークへの純粋な愛とプライドを捧げるわ」とジェイド・バードはツアー・ギタリストにしてパートナーにツイッターで言及している。「最近リリースしたものにはこれらの人々とマジカルなスタジオで共有した喜びが詰まっているの。大きな空間と小さな区間でこれらをみんなと共有できることに感謝しているわ」

The sheer love and pride I have for Luke🖤
Everything I release these days comes with a joy from sharing such a magical studio with these people. I’m so grateful I get to share that with you in big and small rooms too 🙏 RCA live sessions out now ⚡️https://t.co/sF0XVuHdAs pic.twitter.com/G46o8IRyxu

— Jade Bird (@JadeBirdMusic) April 17, 2021

EP『RCAスタジオ Aセッションズ』は2021年にリリースが予定されているセカンド・アルバムに先立ってリリースされている。先日、ジェイド・バードは新型コロナウイルスによる制限が緩和されてツアーができるようになるまでリリースはしないと語っている。

「アルバムをリリースしてライヴができないなんて耐えられないわ。それこそが命をかけているものだし、それこそが私のすべてなの」

ジェイド・バードは“Houdini”と“Headstart”に続くシングル“Open Up The Heavens”を今年2月にリリースしている。

昨年、、ジェイド・バードはNMEアウォーズでクレイロ、ダベイビー、ドミニク・ファイク、フォンテインズD.C.、サム・フェンダーと共に最優秀新人賞にノミネートされていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む