ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、2度目のがん闘病について明かす

2 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

1時間前

ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、2度目のがん闘病について明かす

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるロニー・ウッドが、ロックダウン中にがんと診断されたことを明かしている。

「Sun」のインタビューを報じた「Ultimate Classic Rock」によると、ロニーは進行型の小細胞がんと診断されたが、現在回復したとコメントした。

「俺は2つ違うがんにかかった。2017年は肺がんになって、最近は前のロックダウン中に小細胞がんと闘ってたんだ」

また、ロニーは妻サリーと4歳になる双子と過ごす時間を大切にしていると明かし、祈ることが自身の助けになったと述べている。

「結果を神の力に委ねるのは魔法のようだった。『変えられないものを受け入れる冷静さを与えたまえ』という、ニーバーの祈り(祈り言葉の通称)へ立ち帰った。素晴らしいよ。なるようになる、自分とは関係ないってね。俺ができるのは前向きな姿勢を保ち、強くいて、そして闘うだけだ。あとは神の力次第だよ」



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

Amazon

楽天ブックス

タワーレコード オンライン

HMV&BOOKS online

セブンネットショッピング

Fujisan.co.jpリンク

ザ・ローリング・ストーンズのロニー・ウッド、2度目のがん闘病について明かす - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号

掲載元で読む