ザ・フラテリス、トニー・ホッファーのプロデュースによる6th AL『ハーフ・ドランク・アンダー・ア・フル・ムーン』リリース

1 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

2021.3.3 10:20

英グラスゴーのトリオ、ザ・フラテリスが2021年4月9日(金)にCooking Vinylよりニュー・アルバム『ハーフ・ドランク・アンダー・ア・フル・ムーン』をリリースする。アルバムからのファースト・シングルは「シックス・デイズ・イン・ジューン」で2020年2月にすでに公開されている。

◆ザ・フラテリス 関連動画&画像


『ハーフ・ドランク・アンダー・ア・フル・ムーン』はUKチャートでトップ5ヒットを記録し、「スタークロスド・ラヴァーズ」といったヒット・シングルも生み出した2018年のアルバム『イン・ユア・オウン・スウィート・タイム』に続く6枚目のアルバムとなる。華麗なタイトル・トラックやブラスとストリングを使った瑞々しい楽曲群、そして、トリオが最初に人気をつかむきっかけとなったシンガロングの曲まで、まさに、驚きに満ちた万華鏡のような喜びを持った作品だ。「前のアルバムでは新しいアイデアを試してサウンドを広げたんだ。その試みは上手くいったと思うよ。そしてこのアルバムでは、文字通り限界まで、そうしたアイデアを押し上げようと計画したんだ」とバンドのリーダーでソングライターのジョン・フラテリは語る。

アルバムはバンドの長年のコラボレーター、トニー・ホッファー(ベック、フェニックス、スーパーグラス)とロサンジェルスでレコーディングされた。巨大なコーラスを強化するためにバッキング・シンガーが導入された最初のアルバムで、歌詞の中には前作と同じキャラクターが度々、登場する。また、希望するサウンドが最初に決定され、それが曲を決定する、という新しいアプローチがアルバムのスタイルに変化をもたらした。2009年の解散の後、2012年に再結成。新しいファンを獲得し、イギリスのみならず中国など他国のライヴもソールド・アウト。以前の勢いを完全に取り戻し、いまだ進化を続けるザ・フラテリスの今が詰まった作品となる。


『ハーフ・ドランク・アンダー・ア・フル・ムーン』

2021年4月9日(金)リリース
OTCD-6807 ¥2,400+税
世界同時発売、解説/歌詞/対訳付、日本盤ボーナス・トラック収録予定
ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Half Drunk Under a Full Moon
2. Need a Little Love
3. Lay Your Body Down
4. The Last Songbird
5. Strangers In The Street
6. Living In The Dark
7. Action Replay
8. Six Days In June
9. Oh Roxy
10. Hello Stranger
※他、日本盤ボーナス・トラック収録予定

◆ザ・フラテリス オフィシャルサイト

前のページへ

1

/

2

ページ

記事の続きを読む

この記事の関連情報

掲載元で読む