ゲイリー・ムーア、没後初未発表スタジオ音源アルバム4/28日本先行発売決定&「イン・マイ・ドリームズ」本日22時公開

6 日前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

アイルランドが生んだ孤高のギタリストにして“泣きのギター”の代名詞的存在、ゲイリー・ムーアが2011年2月に58才という若さでこの世を去って早10年が過ぎた。

◆ゲイリー・ムーア 関連動画&画像

魂の入りまくったマシンガン・ピッキングとむせび泣きの極致といえる哀愁のメロディは色褪せることなく今もなおロック・ファンの心を揺さぶり続けている。そんなゲイリー・ムーアの没後初となる、未発表スタジオ音源で構成されたニュー・アルバム『ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット』が2021年4月28日(水)に日本先行で発売されることが決定した。

アルバムには、これまでライヴ音源でしか聴けなかったフレディ・キングのカヴァー「アイム・トア・ダウン」のスタジオ・テイク、本日22時に先行公開されるゲイリー・ムーア節炸裂バラード「イン・マイ・ドリームズ」、完全別アレンジの再録音源「ラヴ・キャン・メイク・ア・フール・オブ・ユー」(オリジナルナル・テイクは1982年のシングルBサイド収録)やエルモア・ジェイムスのカヴァー「ダン・サムバディ・ロング」(ゲイリー・ムーアによるオリジナル・テイクは2006年のアルバム『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』収録)、B.B.キングの1964年ヒット曲のカヴァーで本作のタイトル・トラック「ハウ・ブルー・キャン・ユーゲット」、アイルランドのチャリティ・アルバム提供曲で本人名義の作品には未収録の「リヴィング・ウィズ・ザ・ブルース」など全8曲収録。各楽曲の録音時期は不明ながら、内容的には1990年のヒット・アルバム『スティル・ゴット・ザ・ブルース』以降ゲイリー・ムーアが心血を注いだブルース・ロック・スタイルとなっており、本作が公式音源としては最後の未発表音源集になる可能性が高いという。

さらに本作と同日発売で、日本未発売のライヴ・アルバム『ライヴ・フロム・ロンドン』も発売されることになった。海外で2020年1月に発売された本作は、他界する14か月前となる2019年12月2日のロンドンはO2アカデミー・イズリントンでのパフォーマンスを収録。最後の日本公演(2010年4月)の約5か月前でもあり、ファンの間で国内盤化が待たれていた名演である。当日のセットリストもジョニー・ウィンターのカヴァー「モジョ・ブギー」を中盤に挿入している以外は2010年ジャパン・ツアーと全く同じとなっている。彼の最後の雄姿を観た人も見逃した人にとっても、この作品はゲイリー・ムーアが晩年に見せた絶品ライヴの貴重な記録と言えるだろう。


『ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット』

2021年4月28日(水)リリース
SICX 30100 ¥2,400+税
●高品質Blu-spec CD2仕様 ●解説付

■収録曲
1.I'm Tore Down / アイム・トア・ダウン
2.Steppin’ Out / ステッピン・アウト
3.In My Dreams / イン・マイ・ドリームズ
4.How Blue Can You Get / ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット
5.Looking At Your Picture / ルッキング・アット・ユア・ピクチャー
6.Love Can Make A Fool OF You / ラヴ・キャン・メイク・ア・フール・オブ・ユー
7.Done Somebody Wrong / ダン・サムバディ・ロング
8.Living With The Blues / リヴィング・ウィズ・ザ・ブルース


『ライヴ・フロム・ロンドン』

2021年4月28日(水)リリース
SICX 30103  ¥2,400+税
●高品質Blu-spec CD2仕様 ●解説付

■収録曲
1.Oh, Pretty Woman / オー・プリティ・ウーマン
2.Bad For You Baby / バッド・フォー・ユー・ベイビー
3.Down The Line / ダウン・ザ・ライン
4.Since I Met You Baby / シンス・アイ・メット・ユー・ベイビー
5.Have You Heard / ハヴ・ユー・ハード
6.All Your Love / オール・ユア・ラヴ
7.Mojo Boogie / モジョ・ブギー
8.I Love You More Than You’ll Ever Know / アイ・ラウ゛・ユー・モア・ザン・ユール・エウ゛ァー・ノウ
9.Too Tired / Gary’s Blues 1 / トゥー・タイアード/ゲイリーズ・ブルース1
10.Still Got The Blues / スティル・ゴット・ザ・ブルース
11.Walking By Myself / ウォーキング・バイ・マイセルフ
12.The Blues Is Alright / ザ・ブルース・イズ・オールライト
13.Pariseienne Walkways / パリの散歩道

◆ゲイリー・ムーア オフィシャルサイト

前のページへ

記事の続きを読む

この記事の関連情報

掲載元で読む