グリーン・デイ、新曲“Here Comes The Shock”が公開

3 日前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは新曲“Here Comes The Shock”が公開されている。

グリーン・デイは現地時間2月17日にツイッターで新曲をリリースすることを予告していた。新曲“Here Comes The Shock”はミュージック・ビデオと共に公開されている。

“Here Comes The Shock”はレイク・タホで開催されたNHLアウトドア・ゲームズで演奏し、NBCで放映されている。

“Here Comes The Shock”は2020年発表の『ファザー・オブ・オール…』以来の新曲となっており、ビリー・ジョー・アームストロングはカヴァー・アルバム『ノー・ファン・マンデーズ』をリリースしている。

グリーン・デイは現地時間2月7日に『NFLオナーズ』でキャリア全体に及ぶ3曲を披露している。

グリーン・デイはカリフォルニア州イングルウッドのSoFiスタジアムで“Still Breathing”、“Holiday”、“Basket Case”を演奏している。

現時点でグリーン・デイは2021年6月にウィーザーとフォール・アウト・ボーイと共にヘラ・メガ・ツアーのUK公演を行う予定となっている。

『NME』のインタヴューでウィーザーのリヴァース・クオモはツアーが行われるものと考えていると語っている。

「マネージャーが昨日自分に話してくれたところではアメリカのプロモーターはまだやろうとしていると言っていたよ」とリヴァース・クオモは語っている。「変わるかもしれないけど、今年の夏は他の計画はないね」

先日、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングはここ数ヶ月で多くの新曲を書いたことを明かしている。

「たくさんの曲を書いたんだ」と彼は『NME』に説明している。「常に何かをまとめていたんだ。自分の小さなスタジオでやったフルのデモ音源にせよ、携帯電話に記録したヴォイスメモにしてもね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む