クイーン、『オペラ座の夜』が日本レコード協会によってプラチナ認定を受けたことが明らかに

4 日前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

Universal Music

Photo: Universal Music

クイーンは1975年に発売した通算4作目のオリジナル・アルバム『オペラ座の夜』が日本レコード協会によってプラチナ認定を受けている。

プラチナ認定とは、日本レコード協会が、1989年1月21日以降に発売された作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合に基準に従って認定を行っているもの。洋楽アルバムのプラチナ認定は2003年6月度認定分まで20万枚、それ以降は25万枚を超えたアルバムが認定を受けている。

『オペラ座の夜』のプラチナ認定は、70年代の発売当時の売り上げは含まれず、1989年1月21日以降に日本で販売されたアルバムの枚数が25万枚を超えたということで、プラチナ認定を受けている。

クイーンが今までにプラチナ認定を受けたアルバムは、『メイド・イン・ヘヴン』(1996年1月認定)、『クイーン・ジュエルズ』(2004年1月認定)、『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』(2018年12月認定)の3作品で、今回の『オペラ座の夜』(2021年5月認定)の認定を受けて、1990年代~2020年代までの4つの年代でプラチナ認定をうけた初の洋楽アーティストとなっている。

先日、クイーンはオリジナル・アルバム全15タイトルの日本での人気投票の結果が明らかになっている。

投票結果はこちらから。

https://nme-jp.com/news/103305/

クイーンのロジャー・テイラーは10月1日にソロ・アルバム『アウトサイダー』をリリースすることが決定している。

また、リリースに合わせてクイーン以外の活動としては20年以上ぶりとなるUKソロ・ツアー全14公演を開催することも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む