キング・クリムゾンのロバート・フリップ、ガンズの“Welcome To The Jungle”をカヴァー

4 月前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

YouTube

Photo: YouTube

キング・クリムゾンのロバート・フリップと妻のトーヤ・ウィルコックスはガンズ・アンド・ローゼズの“Welcome To The Jungle”をカヴァーしている。

トーヤ・ウィルコックスのYouTubeチャンネルでは2020年からサンデー・ランチと題した動画を公開してきており、自宅からニルヴァーナやデヴィッド・ボウイ、セックス・ピストルズなどをカヴァーした映像が公開されてきた。

先週、妻のトーヤ・ウィルコックスはチアリーダーの格好をして、ロバート・フリップがギターを弾く形でビリー・アイドルの“Rebel Yell”をカヴァーしている。

今週はトーヤ・ウィルコックスが青のダンベルを握りながら、ガンズ・アンド・ローゼズの“Welcome To The Jungle”をカヴァーしている。

公開された映像はこちらから。

1月3日に公開された動画では2人はレッド・ツェッペリンの1971年発表の名曲“Black Dog”をキッチンでカヴァーしている。

「2021年は包括的で公平で思いやりのある社会を願いたいね」とロバート・フリップは新年の動画で語っている。「そして、どうやって願うかというと、ギターをぶら下げて、自制のきかない激しいロックの火の玉のようにロックするんだ」

昨年10月、元キング・クリムゾンのメンバーであるゴードン・ハスケルが亡くなった。享年74歳だった。ロバート・フリップはグレッグ・レイクが脱退したことを受けて、1970年にゴードン・ハスケルを誘っている。

また、昨年3月には元キング・クリムゾンのドラマーであるビル・リーフリンが亡くなっている。享年59歳だった。

一方、スラッシュはガンズ・アンド・ローゼズでもマイルス・ケネディとも2021年は新曲をリリースすることを希望していると語っている。

スラッシュについては2008年発表の『チャイニーズ・デモクラシー』以来となるガンズ・アンド・ローゼズの音源にベーシストのダフ・マッケイガンと取り組んでいると語ってきた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む