オアシス、イギリス史上最高の楽曲を決める毎年の投票で再び“Live Forever”が1位に

1 週間前
WEB型RSSフィードリーダー 365Days
WEB型RSSフィードリーダー 365Days

GETTY

Photo: GETTY

オアシスはラジオXが毎年行っているイギリス史上最高の楽曲を決めるリスナー投票で再び“Live Forever”が1位を獲得している。

オアシスの“Live Forever”が1位を獲得するのは2018年以来で、2019年と2020年はクイーンが1975年に発表した“Bohemian Rhapsody”が1位となっていた。

ノエル・ギャラガーはこの結果を受けてラジオXに次のように語っている。「あるべき1位に戻ってきたのを見られて素晴らしいよ。たくさんの人のタトゥーになってきたような曲だからね」

オアシスは他にも“Champagne Supernova”が3位、“Slide Away”が8位、“Don’t Look Back In Anger”が12位など、トップ100に16曲がランクインしている。

“Bohemian Rhapsody”の2位に続いては4位にザ・ヴァーヴの“Bitter Sweet Symphony”、5位にコーティナーズの“Not Nineteen Forever”がランクインしている。

トップ10は以下の通り。

01. Oasis – Live Forever
02. Queen – Bohemian Rhapsody
03. Oasis – Champagne Supernova
04. The Verve – Bitter Sweet Symphony
05. Courteeners – Not Nineteen Forever
06. Amy Winehouse – Back To Black
07. Arctic Monkeys – 505
08. Oasis – Slide Away
09. The Stone Roses – I Am The Resurrection
10. Nothing But Thieves – Impossible

トップ100はこちらから。

https://charts.radiox.co.uk/2021/

先日、ノエル・ギャラガーはオアシスの最後のライヴをできなかったことを後悔することがあるとして、「熱狂的なライヴになったはずだ」と語っている。

「頭にきて喧嘩になって、『最悪だ。俺は帰る。うせやがれ!』となったんだ」とノエル・ギャラガーは『デイリー・スター』紙に語っている。

「今となっては、そのまま残ってライヴをやったほうがよかったのか分からないけどさ。でも、記念碑的なライヴになっただろうね。オアシスならではの熱狂的なライヴだよ。だって、喧嘩がステージまで持ち込まれるんだからね。多分、肉体的な喧嘩ではなくて、言葉のやりとりだろうな。熱狂的なライヴになったはずだよ」

彼は次のように続けている。「『あのライヴの思い出があったらな』とたまに思うんだ。バンドを脱退するはなむけになっただろうね。でも、ああなってしまったんだよ」

先日、リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーは共同の映画製作会社を登記したことが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ

掲載元で読む