FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
The Beatles - While My Guitar Gently Weepsがお気に入りに登録された数:30
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均点: 3.50)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 

1968年に発表された2枚組アルバム『ザ・ビートルズ』(通称『ホワイト・アルバム』) に収録されているビートルズの楽曲。作詞作曲はジョージ・ハリスン。
「サムシング」や「ヒア・カムズ・ザ・サン」と並んでジョージの代表曲で、ジョージ自身も気に入っているのか、ライブのレパートリーに必ずこの曲を加えていた。
『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」、さらに「グレイテスト・ビートルズ・ソングス100」に於いて、それぞれ136位と7位、10位にランクイン。
ギター・ソロは、ジョージの親友であるエリック・クラプトンが演奏している。一説に、ジョージがこの曲の特徴であるギターの「泣き」を表現しようとしたが上手く出来ず、クラプトンに依頼したという。また、この頃のグループの雰囲気の悪さを少しでも緩和するための配慮でもあったといわれている(実際、クラプトンがスタジオに姿を現すと「それまで不機嫌だったジョンとポールが急によそいきの態度に変わったんだ」とジョージ自身が語っている。ここでの経験が、翌年の「ゲット・バック・セッション」でのビリー・プレストン起用に繋がっていった)。当初クラプトンは、「ビートルズの曲で演奏するなんて恐れ多くて……」と尻込みしており、相当なプレッシャーがかかっていたようだ。これに対しジョージは、「これはビートルズの曲ではなくて、僕の曲だ。僕の曲の演奏を、僕がやってくれと頼んでいるんだから、気にしないでいいんだ」と説得したという。
クラプトンは、ジョージに譲渡したギブソン・レスポール(ルーシー)を使って演奏した。このギターは後に盗難の被害に遭ってしまう。幸い、このギターは発見され、ジョージが所有者(盗んだ者とは別人)に新品レスポールとの交換を持ちかけ、所有者はそれに同意した。
この曲は、日本初のアップル・レコードからのシングルとして発売されている。ちなみに日本でシングル発売された時のタイトルは「マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」と、何故か「ホワイル」が抜け落ちていた。
現在、この曲以降のジョージ作のビートルズ・ナンバーはジョージの個人楽曲出版社ハリソングス・コープスが保有しているが、この曲と同アルバムに収録されている「ピッギーズ」「ロング・ロング・ロング」「サボイ・トラッフル」の4曲は最初アップル・パブリッシングが保有していた。
この作品で、ジョン・レノンはエレキギター、ジョージはアコースティック・ギター、ポールはピアノを演奏している。 「”Eh,Up!”というジョン・レノンのカウントから始まっている」と言われているが、CDの曲区切りでいくと「ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」の最後に言っていると言える。

PV動画

White Album / (収録アルバム)

曲目リスト
ディスク:1
1. Back In The U.S.S.R.
2. Dear Prudence
3. Glass Onion
4. Ob-La-Di, Ob-La-Da
5. Wild Honey Pie
6. The Continuing Story Of Bungalow Bill
7. While My Guitar Gently Weeps
8. Happiness Is A Warm Gun
9. Martha My Dear
10. I’m So Tired
11. Blackbird
12. Piggies
13. Rocky Raccoon
14. Don’t Pass Me By
15. Why Don’t We Do It In The Road?
16. I Will
17. Julia
ディスク:2
1. The Beatles Documentary
2. Yer Blues
3. Mother Nature’s Son
4. Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey
5. Sexy Sadie
6. Helter Skelter
7. Long, Long, Long
8. Revolution 1
9. Honey Pie
10. Savoy Truffle
11. Cry Baby Cry
12. Revolution 9
13. Good Night
Navigation
Artist The Beatles(ビートルズ)
The Beatles(ビートルズ)の当サイト独自の楽曲ランキングやDiscography(リリースしたアルバム一覧)を掲載しています
The Beatles - While My Guitar Gently WeepsのyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
The Beatles - While My Guitar Gently Weepsを気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
The Beatles - While My Guitar Gently Weepsの関連記事
  •    
    1965年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソ…
  •    
    1969年9月にビートルズが発表したイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビー・…
  •    
    1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『4人は…
  •    
    1964年3月にイギリスのロックバンドビートルズが発表した6枚目のオリジナル・シ…
  •    
    1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レッ…
  •    
    1964年7月にビートルズが発表した7枚目のオリジナル・シングル(「ビートルズが…
  •    
    1963年11月にビートルズが発表した5枚目のオリジナル・シングル曲である。
  •    
    1963年に発表されたビートルズの2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウ…
  •    
    1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『4人は…
  •    
    1967年に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ…
  •    
    1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビー…
  •    
    「ハード・デイズ・ナイト」 (旧邦題:「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!…
  •    
    1966年に発表されたアルバム『リボルバー』に収録されたジョージ・ハリスン作のラ…
  •    
    ビートルズの2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』…
  •    
    1964年発表のアルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』に収録されて…
  •    
    ビートルズのデビュー作であるイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリー…

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る