FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
The Beatles - Taxmanがお気に入りに登録された数:76
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 

1966年に発表されたビートルズのアルバム『リボルバー』に収録されたジョージ・ハリスン作の曲。
ジョージ作の公式発表曲では唯一、アルバムのオープニングを飾ったナンバーである。ジョージの作品ではあるがジョン・レノンが曲作りに手助けをしている。ジョンは「ジョージの歌のうちじゃ傑作に入る『タックス・マン』を作ってた時に、ジョージはぼくに、電話で、助けてくれって頼んできた。いくつかパンチの効いたことを考えてやった。」と語っている。ジョージによると「『タックスマン』は、お金を稼げるようになったものの、実際はそのほとんどを税金に取られてしまうということに初めて気づいて書いた曲。」としている。
この楽曲が書かれた1964年から1970年までの労働党ウィルソン政権は、充実した社会保障を維持するために95パーセントという高い税金を富裕層に課していた。ジョージはこの高い税金を皮肉ってこの曲を作った。歌詞には当時のウィルソン首相と野党第1党のヒース保守党党首(1970年から1974年まで保守党政権の首相となる)が登場するが、反対党の党首まで出す事によってバランスをとっていた。
この楽曲のリード・ギターはポール・マッカートニーが担当している。『リボルバー』の時期以降、ポールの曲ではポール自身でリード・ギターを弾くこともあるが、ジョージの曲でリード・ギタリストのジョージを差し置いてポールがリードをとるのは珍しい。ジョージはポールが弾いたフレーズを「インド風で満足している」と評している。
『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録されているヴァージョンでは、公式テイクでは「Haha, Mr. Willson」「Haha, Mr. Heath」と歌っている部分で「誰か金持ってない?-Anybody got a bit of money?と早口で連呼している。
ジョージは1991年の来日コンサートで歌った際には、当時のメージャー英国首相とブッシュ(父)米国大統領と名前を変えて歌っていた。

PV動画

Revolver / (収録アルバム)

曲目リスト
1. Taxman
2. Eleanor Rigby
3. I’m Only Sleeping
4. Love You To
5. Here, There And Everywhere
6. Yellow Submarine
7. She Said She Said
8. Good Day Sunshine
9. And Your Bird Can Sing
10. For No One
11. Doctor Robert
12. I Want To Tell You
13. Got To Get You Into My Life
14. Tomorrow Never Knows
Navigation
Artist The Beatles(ビートルズ)
The Beatles(ビートルズ)の当サイト独自の楽曲ランキングやDiscography(リリースしたアルバム一覧)を掲載しています
The Beatles - TaxmanのyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
The Beatles - Taxmanを気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
The Beatles - Taxmanの関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る