FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
The Beatles - I Me Mineがお気に入りに登録された数:70
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 

1970年に発表されたビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された楽曲である。
もともとこの曲は、リリースされずに終わったアルバム『ゲット・バック』(後に『レット・イット・ビー』としてリメイクされた)の収録曲候補ではなかった。トゥイッケナム映画撮影所でのリハーサル・セッションで本作を演奏し、曲に合わせてジョンがヨーコとワルツを踊っているシーンが映画『レット・イット・ビー』に含まれていたが正式なレコーディングは行われていなかった。「映画の内容と合うLPになるように」という要請がなされたため、それに従って「ゲット・バック・セッション」が終わって1年近く経った1970年1月3日にアビー・ロード第2スタジオで追加レコーディングされた。1969年6月には既にプラスティック・オノ・バンドを結成していたジョン・レノンはレコーディングに参加しなかった。
元々は1分34秒の短い曲だったが、のちにフィル・スペクターがアルバム『レット・イット・ビー』のために後半をリピートして演奏時間を1分近くも延ばす編集をおこない、1970年4月1日にはオーケストラ・パートの追加録音を行った。
『レット・イット・ビー…ネイキッド』にも収録されているが、ここではオーケストラがカットされていて、詞も一部異なる。ただし曲の長さは『レット・イット・ビー』と同じである。
『ビートルズ・アンソロジー3』に収録されているヴァージョンが、1970年1月3日付けのベスト・テイク。(冒頭のコメント以外は)録音当時のままの(1’34”、オーケストラもなし)で収録されている。
ジョージは、自分の曲が(レノン=マッカートニーという強力なソングライトチームのために)レコードに採用されることが少ないことに不満をもっていた。とりわけポールはジョージを過小評価しており、彼がバンドの実権を握った1967年以降、ジョージの曲に高いハードルをつけて入れないようにしていた。そのためジョージの不満は自然にポールにむき、『ゲット・バック』セッションでギター・プレイをめぐって口論となる。対立は決定的となってしまった。このように自己主張の激しく場合によっては他人の意見を無視するポールに対する揶揄として作られた、と言われている。 そう言われる理由は詞の内容にあり、「『いつもいつも僕が、僕が、僕が』と頑なに自分の事のみを主張し、またそれを曲げようとしない人」の姿と、「それに振り回されて大変な目に遭う『みんな』」の様子が描かれている。もっともジョージ自身は「僕自身にもある、人間の身勝手なエゴイズムを皮肉って書いてみた」「『バガヴァッド・ギーター』の一節を基にした」と語っていた。しかしながら、ポールだけがジョージを特別軽視していたわけではなく、ジョンもポールも、潜在意識の奥底ではジョージとリンゴを軽んじていた部分があった。ポールは1988年前後のマーク・ルーイスンとの対談で、「酷な言い方かもしれないが、当時は『僕らが唄うのが当然』だと思っていた。ジョージやリンゴのための曲を、僕らが唄うための曲と同様に重視し始めたのは活動の後のほうになってからだった」と語り、ジョージ自身も、1979年になってから「ジョージの本を読んだが、僕について全く何も書かれてなかった。あいつの人生にとって、僕の存在はその程度ってことか」と毒づいたジョンに反論し「彼らは良くも悪くも『”ジョンとポール”で居ること』に夢中だったから、他にいる人間(ジョージとリンゴ)のことが見えていなかった。」と評している。

PV動画

Let It Be / (収録アルバム)

曲目リスト
1. Two Of Us
2. Dig A Pony
3. Across The Universe
4. I Me Mine
5. Dig It
6. Let It Be
7. Maggie Mae
8. I’ve Got A Feeling
9. One After 909
10. The Long And Winding Road
11. For You Blue
12. Get Back
Navigation
Artist The Beatles(ビートルズ)
The Beatles(ビートルズ)の当サイト独自の楽曲ランキングやDiscography(リリースしたアルバム一覧)を掲載しています
The Beatles - I Me MineのyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
The Beatles - I Me Mineを気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
The Beatles - I Me Mineの関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る