FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
The Beatles - Dig itがお気に入りに登録された数:73
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 

1970年に発表されたザ・ビートルズの最後のアルバム『レット・イット・ビー』に収録されたジャム・セッション・ナンバーである。
作詞・作曲はメンバー全員の共同クレジット(ジョージ・ハリスン&レノン&マッカートニー&リチャード・スターキー)である。4人名義としては初の詞入りの公式発表曲。ゲット・バック・セッションでレコーディングされた。原題はCan You Dig It?といいかなり長いジャム・セッションであった。プロデューサーのフィル・スペクターはセッション中のごく一部、ジョンが歌う部分のみをアルバム収録した。 アルバム収録部分は、ジョンが「ライク・ア・ローリング・ストーン(ボブ・ディランの曲名)」連呼中にフェード・インし、FBI、CIA、BBC、B.B.キング、歌手のドリス・デイとマット・バスビー(当時の英国プロサッカークラブマンチェスター・ユナイテッドFC監督)と歌い、「Dig it!」を連呼する部分でフェード・アウトする。最後に “ジョージ・ウッドの「キャン・ユー・ディグ・イット?」でした。次は『ほら、天使がやってきた』という曲をやります。” というジョン・レノンの裏声による語りが繋げられた。
楽器はビリー・プレストンがエレクトリックピアノ、リンゴ・スターがドラム、ポール・マッカートニーがピアノ、ジョージがギター(フェンダー・ストラトキャスター)、ジョンが6弦ベース・ボーカルを担当している。レット・イット・ビー (映画)ではジョージ・マーティンがシェイカーを振っている姿が見える。
ちなみにレット・イット・ビー・ネイキッドボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』で聴かれる「Dig It」は、発表テイクの別テイクであり、そこでは演奏の後で、アルバムに収録されることになるジョンの声が収録されている。

PV動画

Let It Be / (収録アルバム)

曲目リスト
1. Two Of Us
2. Dig A Pony
3. Across The Universe
4. I Me Mine
5. Dig It
6. Let It Be
7. Maggie Mae
8. I’ve Got A Feeling
9. One After 909
10. The Long And Winding Road
11. For You Blue
12. Get Back
Navigation
Artist The Beatles(ビートルズ)
The Beatles(ビートルズ)の当サイト独自の楽曲ランキングやDiscography(リリースしたアルバム一覧)を掲載しています
The Beatles - Dig itのyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
The Beatles - Dig itを気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
The Beatles - Dig itの関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る