FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
The Animals(アニマルズ)がお気に入りに登録された数:282
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 
“アニマルズ(The Animals)は、イギリスのロックバンドである。1960年代半ば、ビートルズなどと共に世界的に人気を博した。アメリカでは、いわゆるブリティッシュ・インベイジョンの代表格のひとつと見なされている。アメリカのブルースに根ざした作風が特徴的で、ロックシーンにも多大な影響をもたらしたバンドである。60年代後半には、サイケデリック・ロック的な作品も発表した。
ヴォーカルのエリック・バードンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第57位にランクインしている。
1963年、イギリスのニューキャッスルでエリック・バードン(ヴォーカル)、アラン・プライス(オルガン、ピアノ)、ヒルトン・ヴァレンタイン(ギター)、チャス・チャンドラー(ベース)、ジョン・スティール(ドラム)の5人で結成。バンド名の由来として最も有力なのが、ライブがあまりにもワイルドだったため、観客から「Animal!」という声が多くかかったことから、メンバー自ら名乗るようになったというエピソードである。
音楽性はブルース色が非常に強く、ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」などをコピーしている。対照的に、シングル曲にはヒットを意識してブリル・ビルディング系の作曲家の作品が多く取り上げられる。
多数のヒット曲の中、「The House Of The Rising Sun(邦題は「朝日のあたる家」)」が最大のヒット曲として知られている。これはアメリカの伝統的なフォーク・ソングを、ブルース的な解釈でカバーしたものである。 また、「朝日のない街」は、全英2位に輝き、ヴァン・ヘイレンなどもカバーした。
同じ時期に活躍していたこともあり、ビートルズとも仲が良かった。チャス・チャンドラーは、ジミ・ヘンドリックスを見出したことでもよく知られている。
1966年に解散した後、本拠地をサンフランシスコへ移し「エリック・バードン&ジ・アニマルズ」として再始動し、グレイトフル・デッド、ジェファーソンエアプレインなどとシスコ・サウンドと呼ばれるようになる。1968年の曲「スカイ・パイロット」は、サイケ系の反戦歌と認識されている。この時期のメンバーとして、ザ・ポリスのギタリスト、アンディ・サマーズが在籍していた。
1968年、来日ツアーは、ビザ取得に困難だったため本来9月の予定が11月に延期される。 バンドが面識のない日本のプロモーター(ヤクザだった)に、ツアー開始数日前にバンドのマネージャーを誘拐される。マネージャーはヤクザに銃を頭に向けられて、来日の延期で損失した金額を要請させられる。借用書に$25,000 の金額を記入するが、ヤクザの誰も英語を読むことが出来なかったため、脅迫されて書いたものであると付け加えられていた。ヤクザはマネージャーを解放し、次の日にはバンドメンバーと共に出国しないと殺すぞと警告した。彼らはツアー用機材を全て残して、直ちに日本を去らなくてはならなかった。羽田空港に着くなりエリックはいきなり解散声明を行った。
1975年及び1983年に、オリジナルメンバーで一時的に再結成した。1994年に、ロックの殿堂入りを果たした。”
メンバー エリック・バードン,ヒルトン・ヴァレンタイン,アラン・プライス,チャス・チャンドラー,ジョン・スティール
ジャンル ブルースロック, British blues, サイケデリック・ロック, ロックンロール, R&B, ソウル
活動期間 1962年 – 1969年
公式サイト

PVランキング(週間/TOP10)

  1. The Animals – The House of the Rising Sun 4ビュー
  2. The Animals – Gonna Send You Back to Walker 3ビュー
  3. The Animals – Boom Boom 3ビュー
  4. The Animals – Baby Let Me Take You Home 2ビュー

PVランキング(全期間/ALL)

  1. The Animals – Boom Boom 179ビュー
  2. The Animals – The House of the Rising Sun 112ビュー
  3. The Animals – Baby Let Me Take You Home 110ビュー
  4. The Animals – Ring of Fire 99ビュー
  5. The Animals – We Gotta Get out of This Place 91ビュー
  6. The Animals – Inside-Looking Out 59ビュー
  7. The Animals – Don’t Let Me Be Misunderstood 49ビュー
  8. The Animals – Don’t Bring Me Down 46ビュー
  9. The Animals – See See Rider 37ビュー
  10. The Animals – Good Times 36ビュー
  11. The Animals – Help Me Girl 34ビュー
  12. The Animals – Bring It On Home to Me 33ビュー
  13. The Animals – Monterey 30ビュー
  14. The Animals – Gonna Send You Back to Walker 25ビュー
  15. The Animals – It’s My Life 21ビュー
  16. The Animals – San Franciscan Nights 15ビュー

Discography

The Animals / (1964)
曲目リスト
1. Story of Bo Diddley
2. Bury My Body
3. Dimples
4. I’ve Been Around
5. I’m In Love Again
6. The Girl Can’t Help It
7. I’m Mad Again
8. She Said Yeah
9. Night Time is the Right Time
10. Memphis Tennessee
11. Boom Boom
12. Around and Around
13. The House of the Rising Sun
14. The Girl Can’t Help It
15. Blue Feeling
16. Baby Let Me Take You Home
17. The Right Time
18. Talkin’ ‘Bout You
19. Around and Around
20. I’m In Love Again
21. Gonna Send You Back to Walker
22. Memphis, Tennessee
23. I’m Mad Again
24. I’ve Been Around
Animal Tracks / (1965)
曲目リスト
1. Mess Around
2. How You’ve Changed
3. Hallelujah I Love Her So
4. I Believe to My Soul
5. Worried Life Blues
6. Roberta
7. I Ain’t Got You
8. Bright Lights, Big City
9. Let the Good Times Roll
10. For Miss Caulker
11. Roadrunner
Animalisms / (1966)
曲目リスト
1. One Monkey Don’t Stop No Show
2. Maudie
3. Outcast
4. Sweet Little Sixteen
5. You’re On My Mind
6. Clapping
7. Gin House Blues
8. Squeeze Her – Tease Her
9. What Am I Living For
10. I Put A Spell On You
11. That’s All I Am To You
12. She’ll Return It
13. Inside Looking Out
14. Don’t Bring Me Down
15. Cheating
16. Help Me Girl
17. See See Rider
18. I Just Wanna Make Love To You
19. Boom Boom
20. Big Boss Man
21. Pretty Thing
22. Don’t Bring Me Down
23. See See Rider
24. Help Me Girl
25. Cheating
Winds of Change / (1967)
曲目リスト
1. Winds Of Change
2. Poem By The Sea
3. Paint It Black
4. Black Plague
5. Yes Im Experienced
6. San Franciscan Nights
7. Man – Woman
8. Hotel Hell
9. Good Times
10. Anything
11. Its All Meat
12. Good Times
13. Aint That So
14. San Franciscan Nigths
15. Gratefully Dead
Twain Shall Meet / (1968)
曲目リスト
1. Monterey
2. Just The Thought
3. Closer To The Truth
4. No Self Pity
5. Orange & Red Beams
6. Sky Pilot
7. We Love You Lil
8. All Is One
9. Sky Pilot Part 1
10. Sky Pilot Part 2
11. Monterey
12. Anything
13. Its All Meat
Love Is / (1968)
曲目リスト
1. River Deep,Mountain High
2. I’m An Animal
3. I’m Dying (Or Am I)
4. Ring Of Fire
5. Colored Rain
6. To Love Somebody
7. As The Years Go Passing By
8. Madman
9. Gemini
Best Album
Best of the Animals / (1966)
曲目リスト
1. The House Of The Rising Sun
2. Don’t Let Me Be Misunderstood
3. We’ve Gotta Get Out of This Place
4. Roadrunner
5. Baby Let Me Take You Home
6. Club-A-Go-Go
7. Boom Boom
8. Gonna Send You Back To Walker
9. Dimples
10. I’m Crying
11. Talkin’ ‘Bout You (Full Version)
12. I’m Mad Again
13. I Believe To My Soul
14. I Ain’t Got You
15. Bring It On Home to Me
16. It’s My Life
17. Bright Lights Big City
18. I’m Going To Change The World
19. Don’t Bring Me Down
20. Inside Looking Out
The Animals(アニマルズ)のyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
The Animals(アニマルズ)を気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
The Animals(アニマルズ)の関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る