FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
Nirvana(ニルヴァーナ)がお気に入りに登録された数:75
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 票, 平均点: 2.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 
1980年代終盤にシーンに出現し、1994年のカート自殺による活動停止までの数年に亘って、全世界の若者世代の圧倒的な支持を受けた。彼の死亡後も世界中のミュージシャンに多大な影響を与え続けている。単語「ニルヴァーナ」には、仏教用語の涅槃の境地という意味合いと「生け贄」という意味合いがある。
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の爆発的ヒットによりバンドは一気に有名になり、1990年代以降のロックに絶大な影響を与え、しばしばオルタナティヴ・ロックシーンにおいて『ニルヴァーナ以降』という言い方をされる。
全世界でのトータルセールスは、約7500万枚。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第30位。
ワシントン州のアバディーンでリードシンガー/ギターのカート・コバーン、ベースのクリス・ノヴォセリック、そしてドラムのアーロン・バークハートによって1987年にバンドを結成。バンド名は、フィーカル・マター、セルアアウツ、スキッド・ロウ、ペン・キャップ・チュー、テッド・エド・フレッドといった変遷を経て、最終的に「ニルヴァーナ-Nirvana」(=涅槃)に落ち着いた。
ドラマーが安定せず数回メンバーチェンジを繰り返しやがてチャド・チャニングに落ち着く。
1980年後半のグランジシーンにて存在感を増しつつあったニルヴァーナは、1989年に独立レーベルであるサブ・ポップと契約を交わし、彼らの最初のアルバムである『ブリーチ – BLEACH – 』をリリースした。バンドのメイン作曲者であったカートは、次第に”静かなヴァースと激しいヘビーなコーラスの繰り返し”というダイナミックな対比という手法を確立していく。それからほどなくして、技術的な問題からカートはドラマーのチャド・チャニングを解雇する。その後、オーディションを経てデイヴ・グロールをドラマーに迎え、よく知られたメンバーが顔をそろえることとなる。
1990年に、メジャーレーベルであるゲフィン・レコードと契約。1991年に発表した2ndアルバム『ネヴァーマインド – NEVERMIND – 』はBillboard 200で1位を記録、MTVではシングル「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット – Smells Like Teen Spirit – 」がリピートされるなど、当時のアメリカ音楽界に衝撃を与え、ヘヴィメタルから一夜にしてグランジが新たなトレンドとなった。ニルヴァーナを筆頭に、パール・ジャムやアリス・イン・チェインズ、サウンドガーデンなどのグランジバンドは新たな若者達のヒーローとして祭り上げられた。
カートのヘロイン中毒という問題を抱えていたバンドは一時活動麻痺の状態となり、1992年にコンピレーション・アルバム『インセスティサイド – Incesticide – 』を発表することとなった。続く1993年には、ニューアルバム『イン・ユーテロ – IN UTERO – 』を発表している。予想された程の売れ行きではなかったが、アメリカとイギリスのチャートのトップにランクインした。
遺書によれば、成功から来る重圧に耐えられなくなったのではない。「音楽を聴いたり創り出したり、何かを書いたり読んだりすることに伴うべき興奮を、俺はもう随分と長い間、感じられずにいるんだ。」「俺には騙せないんだ」。元からドラッグにのめり込んでいたカートは、自殺未遂や奇行を繰り返していた。最後の40日間でも、ドラッグの購入、自殺未遂などがあり、ついには1994年4月5日にシアトルの自宅にてショットガンで頭を撃ち、自殺。
カートの死後、ライブ版を含む何枚かのアルバムがリリースされている。2人の残ったメンバーであるグロールとノヴォセリック及び妻のコートニー・ラブは、レア音源やリリースされていない曲の発表に関する問題で激しく議論した。2002年10月29日に法廷で決着がつき、ヒット曲やカート生前最後のレコーディング音源である未発表曲「You Know You’re Right」を含むアルバム『ニルヴァーナ – Nirvana – 』が発表された。
ニルヴァーナの解散後、デイヴはフー・ファイターズ (Foo Fighters) を結成し、2011年に発売された『ウェイスティング・ライト -Wasting Light-』はバンド初のBillboard 200での1位を獲得するなど、今も活動している。一方、クリスはスウィート75 (Sweet 75)、アイズ・アドリフト (Eyes Adrift) というバンドを結成したが、近年は政治・執筆活動に専念している。
2012年12月12日に、ニューヨークで行われたハリケーン「サンディ」の被害支援チャリティーライブで、デイヴとゲスト・ボーカルのポール・マッカートニーと共作した新曲「Cut Me Some Slack」を披露した。
メンバー カート・コバーン(ボーカル、ギター)クリス・ノヴォセリック(ベース)デイヴ・グロール(ドラム)
出身地 アメリカ・ワシントン州,シアトル
ジャンル グランジ,オルタナティヴ・ロック
活動期間 1987年 – 1994年
公式サイト nirvana.com

Nirvana(ニルヴァーナ)ヒット曲メドレー

MTV Live And Loud 1993 (Full Concert)

Nirvana(ニルヴァーナ)のおすすめの定番曲(名曲・代表曲)

Nirvana - Smells Like Teen Spirit - 1991年、アルバム『ネヴァーマインド』は瞬く間にアメリカ中に知れ渡り、誰もがグランジと呼ばれる新たなジャンルとニルヴァーナと呼ばれる新たなバンドに夢中になった。その成功を象徴するのが本曲である。 ビルボードで6位を獲得。多くの批評家からその年のベストシングルとして推挙された。ミュージック・ビデオも、MTVビデオミュージック・アウォーズに於いてベストニューアーティスト賞、及びベストオルタナティブ・ […]

Nirvana - You Know You're Right - Nirvanaのベストアルバム「Nirvana」収録曲。

PVランキング(週間/TOP10)

  1. Nirvana – Smells Like Teen Spirit 1ビュー
  2. Nirvana – Lithium 1ビュー
  3. Nirvana – Blew 1ビュー

PVランキング(全期間/ALL)

  1. Nirvana – Smells Like Teen Spirit 601ビュー
  2. Nirvana – You Know You’re Right 203ビュー
  3. Nirvana – Rape Me 145ビュー
  4. Nirvana – Love Buzz 114ビュー
  5. Nirvana – Lithium 86ビュー
  6. Nirvana – Come as You Are 72ビュー
  7. Nirvana – All Apologies 54ビュー
  8. Nirvana – In Bloom 52ビュー
  9. Nirvana – Heart-Shaped Box 52ビュー
  10. Nirvana – Pennyroyal Tea 36ビュー
  11. Nirvana – Blew 30ビュー

メンバー

カート・コバーン
カート・コバーン 1967年2月20日、アイルランド及びフランス系の自動車整備工ドナルド・リーランド・コバーンと、イングランド及びドイツ系のウェイトレスのウェンディ・フレイデンバーグ夫妻の間に誕生[3][4][5]。ビートルズが大好きで、絵の上手な子供だったという。幸せな幼年期を送っていたが、1975年に両親が離婚したことで大きな精神的衝撃を受ける。その影響からかカートは内向的で、引きこもりがちな少年に変わってしまった。カートは、その後も父親に棄てられたという感覚を拭い去ることができなかったという。
離婚後、最初は父の元へ引き取られる。トレーラーハウスの中で、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、エアロスミスを聴いて育ち、自身の音楽に強く影響を与えた、と後に何度かインタビューで語っている。
学校では友達を作らず、図書館で主にチャールズ・ブコウスキーなどの本を借り、それを読んで過ごしていた。その中でウィリアム・バロウズの『裸のランチ』と出会い、後の人生、歌詞、両面において強い影響を受ける。
ハイスクール在学中、パンクバンド、メルヴィンズのリーダー、バズ・オズボーンと出会う。バズ・オズボーンから貰ったテープ[7]を聴き、パンク・ロックに興味を抱き音楽を始める。最初のギターは14歳の時に質屋で買ったもので、当初はAC/DCやレッド・ツェッペリンなどの曲を練習していた。
クリス・ノヴォセリック
クリス・ノヴォセリック 1965年5月16日、アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトンで生まれる。1歳の頃に、同じ州のサンペドロに移った。その後、家族の都合で1979年にワシントン州アバディーンに引っ越すが、この土地に馴染めなかったクリスは1980年の一年間を親戚の住むクロアチア(当時はユーゴスラビアの一部)のザダルで過ごした。アメリカに戻り高校を卒業した後、弟の友人であったカート・コバーンと出会う。
クリスがセックス・ピストルズやラモーンズを好んで聴くことに関心したカートは、一緒にバンドを組むことを持ちかけたが、気乗りしなかったクリスはこの申し出を断った。しかし、カートから渡されたバンドのデモテープを聴き、彼の音楽的才能に感銘を受けたことで遂にバンド結成に同意した。これがニルヴァーナの始まりである。
デイヴ・グロール
デイヴ・グロール オハイオ州ウォーレンで生まれる。母親は教師で、父親であるJames Harper Grohlは当時、記者を務めていた。幼少期にバージニア州スプリングフィールドを経てワシントンD.C.へ移る。ワシントンD.C.に転居してから3年後に両親が離婚し、姉と共に母に引き取られる。 12歳の時にギターを始める。数年後、熱烈なパンク・ロックファンであった従兄弟の影響でパンクに目覚める。その後、友人とバンドを結成し最初はギターを担当していたが、しばらく後にドラムに転向する。13歳の時にシカゴのThe Cubby Bearにて、初コンサートを行った。 バージニア州のトーマス・ジェファーソン高校へ入学。しかし、過度の大麻吸引をしていた為、母親によってカトリック系のビショップ・アイルトン高校へと転入させられる。2年間は在籍していたものの、バージニア州のアナンデール高校へと転入した。 高校生活の間に、グロールは幾つかの地方バンドで演奏していた。Freak Babyというバンドでの活動中、ベースメンバーが脱退したのを契機に、ドラマーへと転向した。これを契機にFreak Babyはバンド名をMission Impossibleへと改名し、グロールはバンドの再建に努めた。
ニルヴァーナ加入後にリリースされたアルバム『ネヴァーマインド』は全世界で2,000万枚近いヒットを記録し、ニルヴァーナを一躍スターダムに押し上げる。『ネヴァーマインド』のヒットには、コバーンのソングライターとしての才能もさることながら、グロールの優れたドラミングとコーラスワークも貢献していると評価する専門家やファンも少なくない。続く『イン・ユーテロ』からシングルカットされた『ハート・シェイプト・ボックス』のカップリング曲「マリゴールド」ではグロールが作詞・作曲・ボーカルを務めており、これはニルヴァーナのオリジナル曲では唯一、コバーン以外のメンバーによる作品となっている。しかし、1994年4月にコバーンが自殺したことでニルヴァーナは解散する。 2014年にはマイケル・スタイプの協力により、ロックの殿堂入りを果たした。

Discography

Bleach / (1989/6/15)
曲目リスト
1. Blew
2. Floyd The Barber
3. About A Girl
4. School
5. Love Buzz
6. Paper Cuts
7. Negative Creep
8. Scoff
9. Swap Meet
10. Mr. Moustache
11. Sifting
12. Big Cheese
13. Downer

ワシントン州アバディーンにて1988年から1989年にかけて録音された。プロデューサーはジャック・エンディーノ。当初のドラマーはデイル・クローヴァーであったが、クローヴァーはサポートドラマーであり、メルヴィンズのメンバーだったので正式に参加できなかった。よって♯2の ‘Floyd The Barber’ 、♯6の ‘Paper Cuts’ 、そしてアルバム最後の曲である ‘Downer’ 以外はチャド・チャニングを迎えて録音しなおされている。
1992年にサブ・ポップからリマスターされたCDが発売された。因みにこのアルバム、最初の3000枚にはアルバムにはどこにもクレジットされていないジェイソン・エヴァーマンが写ったポスターが付いていた。さらに、その内初めの1000枚が白いレコード盤であった。インディーズということもありチャートアクションは派手なものではなく、ビルボード89位。
2009年に発表20周年を記念して、ジャック・エンディーノの手によるリマスター盤が発売された。

Nevermind / (1991/9/24)
曲目リスト
1. Smells Like Teen Spirit
2. In Bloom
3. Come As You Are
4. Breed
5. Lithium
6. Polly
7. Territorial Pissings
8. Drain You
9. Lounge Act
10. Stay Away
11. On A Plain
12. Something In The Way

『ネヴァーマインド』(Nevermind)は、アメリカ合衆国のロックバンド、ニルヴァーナのセカンド・アルバム。アルバムはビルボードにおいてナンバー1となり、驚異的な売り上げを示した。シアトルのローカルバンドに過ぎなかったニルヴァーナを全米トップの人気バンドへと押し上げ、グランジ/オルタナティヴ・ロックムーブメントを全米に広げた。カートの自殺によるバンド解散後もアルバムは売れ続け、2013年現在までに全世界で4,000万枚を超えている。
1990年から1991年にかけて録音された。プロデューサーはブッチ・ヴィグ、ミキサーはアンディ・ウォレスがそれぞれ担当。より広い層にアピールするようボーカル/ギターを強調し、またラジオオンエアの際によりクリアに聴こえるように中音域に音を集めたミックスとなった。また、ヒット曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」から始まる楽曲もメジャー市場を意識したものからアンダーグラウンド寄りのものまでバランスよく収録されている。因みにこのようにそれまでのアンダーグラウンド重視からポップな曲作りが行われるようになったのはゲフィン・レコードとの契約時の「トップ30にパンクを入れる」という発言などからカートがこのアルバムをヒットさせることを意識していたことが理由として挙げられる。
ジャケットで泳いているのはスペンサー・エルデンという男児で、2012年現在はロサンゼルスに住んでいる。
アルバムはヘヴィメタルファンからロック/ポップのファンまで幅広いリスナーを獲得するに至った。
このアルバムはベストセラーとなり、ニルヴァーナは一躍トップバンドの仲間入りを果たしたが、メジャー市場を意識した作りは後のニルヴァーナの活動に影を落としてしまうこととなる。特にボーカルのカート・コバーンは完成当初は、サウンドプロダクションも含め非常に気に入っていたものの、この成功を快くは思っておらず、1993年のインタビューでは「今では全く聴いていない」と語るなど、度々本アルバムを嫌悪・否定するような発言を繰り返している。このカートの態度は、後にアンダーグラウンドへと回帰した『イン・ユーテロ』を生むこととなった。
ビルボード200において1位を獲得、また数々の批評家達からその年のベスト・アルバムに選出された。
RIAAにより、ゴールド、プラチナアルバムとして認定。しかしながら、保守的なグラミー賞には候補にも上らなかった。
2003年、「ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」に於いて17位。これは、90年代以降のアルバムの中で最高位となる。

In Utero / (1993/9/21)
曲目リスト
1. Serve The Servants
2. Scentless Apprentice
3. Heart-Shaped Box
4. Rape Me
5. Frances Farmer Will Have Her Revenge On Seattle
6. Dumb
7. Very Ape
8. Milk It
9. Pennyroyal Tea
10. Radio Friendly Unit Shifter
11. Tourette’s
12. All Apologies

3rd(メジャー2nd)アルバム。前作『ネヴァーマインド』の大成功を受け、バンドの意向によりアンダーグラウンドへの回帰をテーマに作られた。プロデューサーにはスティーヴ・アルビニを起用、楽曲も『ネヴァーマインド』のメジャー志向からより暗く、カートの内面に切り込んだ内容となった。レコーディングにかかった費用は24000ドル。要した期間はたったの1週間という短期間であった。スティーヴはこの作品のプロデュース料について、自身の信条を理由に、通常の慣例となっている印税として報酬を受け取ることを断っている。
また、発売直前になってバンドがアルビニのミックスにリミックスを施して「レコード会社からの圧力」が囁かれたり、『レイプ・ミー』がフェミニスト団体から「不謹慎である」として訴えられるなど、図らずもあらゆる面で「問題作」になってしまったアルバムである。
「Heart-Shaped Box」「All Apologies」の2曲はメンバーの意向によりスコット・リットがミックスを担当している。
アメリカでは量販店向けに「Rape Me」を「Waif Me」に表記を変更し、バック・カバーのデザインを中央部を拡大した検閲バージョンが発売された。同時に収録曲中「Pennyroyal Tea」は、スコット・リットによるシングル・ミックスに差し替えられている。
前作『ネヴァーマインド』の成功で一躍トップバンドの仲間入りを果たしたバンドが、アンダーグラウンドへの回帰を掲げた意欲作である。特に、カートの意向が強く反映されており、サウンドはより暗くなった世界観を受けて、ヘヴィで低音を重視したものになった。サウンド・デザインに関しては、「インディーの鬼才」と呼ばれたアルビニの貢献が大きい。特に、このアルバムでのドラムの録音は伝説に近くなっており、リスナーの期待を良くも悪くも裏切り、セールス的には前作ほどは振るわなかったアルバム自体に対して、アルビニの名声は一気に高まった。
発売当初は、前作と同路線を期待するリスナーからの拒否反応もあったが、実際には『ネヴァーマインド』のニルヴァーナの姿こそが作られたものであり、こちらの方がより本来の姿に近いといえよう。
また、オープニング・ナンバーの「Serve the Servants」は最初の音が不協和音であったり、「Very Ape」の狂気染みたハウリングから「ノイズと言う名の芸術」と言う異称を持つアルバムでもある。
結果的に、ニルヴァーナの最後のスタジオ・アルバムとなってしまい、ニルヴァーナを語る上で欠かせない作品となっている。
『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、435位にランクイン。

Best Album
Nirvana / (2002/10/24)
曲目リスト
1. You Know You’re Right
2. About a Girl
3. Been a Son
4. Silver
5. Smeels Like Teen Spirit
6. Come as You Are
7. Lithium
8. In Bloom
9. Heart-Shaped Box
10. Pennyroyal Tea
11. Rape Me
12. Dumb
13. All Apologies
14. The Man Who Sold the World
15. Where Did You Sleep Last Night

1994年のカート・コバーンの死から8年経って発売された。基本的に、『ネヴァーマインド』と『イン・ユーテロ』から最も有名なものが選曲されている。
また、1994年1月に録音された未発表曲「ユー・ノウ・ユーアー・ライト」が新たに収録された。これは、この楽曲をボックスセットに収録したいバンド側の思いと、シングルとして発売したいコートニー側、レコード会社側の考えが衝突し、法廷闘争の末妥協しての処置である。

Nirvana(ニルヴァーナ)のyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
Nirvana(ニルヴァーナ)を気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
Nirvana(ニルヴァーナ)の関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る