FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
Lauryn Hill(ローリン・ヒル)がお気に入りに登録された数:91
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 票, 平均点: 4.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 
“1975年アメリカ合衆国ニュージャージー州生まれ、もともとは女優として活躍していたが、ワイクリフ・ジョン、プラスらとともにヒップホップユニット、フージーズのメンバーとして1994年、音楽界デビュー。レゲエの要素を交えた境界線の無いサウンドで注目を集め、2作目のアルバム「ザ・スコア」の大ヒットにより、ローリン・ヒルの名は世界中に響くこととなった。
1998年にはソロアルバム「ミスエデュケーション」を発表。母性を強調した、ヒップホップやR&Bの枠にとらわれない優しいサウンドでソロアーティストとしての評価を一気に高め、同年グラミー賞最優秀アルバム賞を獲得。私生活ではボブ・マーリーの息子との結婚も話題となった。
出生 1975年5月25日
出身地 アメリカ・ニュージャージー州
ジャンル R&B、ヒップホップ、レゲエ
活動期間 1988年 – 現在
公式サイト lauryn-hill.com

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)ヒット曲メドレー

Oh Happy Day / 天使にラブソングを2

Joyful,Joyful / 天使にラブソングを2

PVランキング(週間/TOP10)

  1. Lauryn Hill – Everything Is Everything 3ビュー
  2. Lauryn Hill – Doo Wop (That Thing) 2ビュー
  3. Lauryn Hill – To Zion 2ビュー

PVランキング(全期間/ALL)

  1. Lauryn Hill – Doo Wop (That Thing) 804ビュー
  2. Lauryn Hill – To Zion 791ビュー
  3. Lauryn Hill – Ex-Factor 597ビュー
  4. Lauryn Hill – Everything Is Everything 377ビュー

Discography

The Miseducation of Lauryn Hill / (1998/8/27)
曲目リスト
1. Intro
2. Lost Ones
3. Ex-Factor
4. To Zion
5. Doo Wop
6. Superstar
7. Final Hour
8. When It Hurts So Bad
9. I Used To Love him
10. Forgive Them Father
11. Every Ghetto, Every City
12. Nothing Even Matters
13. Everything Is Everything
14. The Miseducation of Lauryn Hill

このアルバムは学校の始業ベルと点呼からはじまる。ヒップホップ・アルバムで、ストリートではなく学校が舞台という設定は珍しいが、アフリカン・アメリカンの若者たちには、教え込まれたことを一度疑ってみることが必要という思いがこの背景にあるのだろう。ゴスペル育ちの彼女らしく、説教師ぽくラップする曲もあるが、アルバム全体が堅苦しい雰囲気ではなく、ディアンジェロとの甘いラブソングもあれば、メアリー・J・ブライジと女性の気持ちをうたう歌もある。サンタナの哀愁のスパニッシュ・ギターとゴスペル・コーラスを組み合わせたわが子への賛歌や、R&Bのさまざまな要素が登場する「ドゥー・ワップ」(全米ナンバーワンヒット)なども聴きもの。彼女より力のある女性ラッパーやシンガーは他にもいるが、両方をバランスよくこなせて、しかもプロデュース能力のある人はいないとあらためて思わせられる。

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)の魅力
ヒップホップの世界では、コアなあるいはマニアックなネタをサンプルするのがえらいという傾向があるので、王道の曲を使うフージーズは軽く見られていたのかもしれない。しかし重要なのは何を使うのかではなく、どう使うかだ。
彼らはどんなサンプルにしても、ありきたりな使い方をしなかった、それが彼らの音楽を他に類のない風通しのいいものにしていたのかもしれない。だからフージーズはヒップホップファンのサークルを超えて爆発的な人気を呼んだ。
ラッパー周辺で銃撃騒ぎが絶えず、実際に殺された人が出てきた後、ポップなフージーズは90年代中期のヒップホップの変化を象徴するグループとなった。
フージーズ解散後、母親ほどの年齢の大先輩アレサ・フランクリンに曲を提供してヒットさせたことや、ソロアルバム「ミスエデュケーション」の素晴らしい仕上がりは、彼女が単なる歌姫でないことを立派に証明してみせた。
彼女の音楽はオーソドックスなR&Bの伝統に立脚している。前向きなメッセージのこめられた歌が多いのも、フージーズ時代から一貫している。サウンドのヴァラエティの豊かさもフージーズ時代に劣らない。ただ、リズム・トラックのサウンドはフージーズ時代よりもずっとソリッドでストレートで市プルだった。そんな音作りからも歌声からも、彼女のまじめな性格が感じられた。
そのまじめさの針は、レゲエ絵を世界に広めたボブマーリィの息子とのロマンスや出産の後、MTVアンプラグドのライブで最大限にふれた。
曲間のおしゃべりでそれまでのスターとしての自分を否定したことで、彼女は批判も浴びた。それまでの彼女がスターとしてどんな重圧を感じていたのか、つぶさにはわからないが、「MTVアンプラグド」を聴いたときは、ビートルズ解散後の「ジョンの魂」でビートルズの過去を否定したジョン・レノンのことを思ったものだ。
90年代以降、ヒップホップやR&Bの世界では、強くてワイルドで刺激の強い女性スターがもてはやされる傾向が続いている。そこにある種の夢をかきたてる部分があることを否定はしないが、その中でまっとうな女性としてふるまっている彼女のような人に出会うと、砂漠でオアシスのような安らぎをおぼえる。というわけで彼女は癒し系アーティストなのである。
Lauryn Hill(ローリン・ヒル)のyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
Lauryn Hill(ローリン・ヒル)を気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
Lauryn Hill(ローリン・ヒル)の関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る