FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)がお気に入りに登録された数:91
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 
“アメリカ合衆国のアフリカン・アメリカンのシンガーソングライター、女優。兄の1人はマイケル・ジャクソン。
1980年代以降、商業的に大成功を収めた。安室奈美恵やAI、Crystal Kay、DOUBLEなど、日本のR&Bアーティストにも大きな影響を与えている。
出生・幼少期
アメリカ合衆国インディアナ州の町・ゲーリーで、ジョセフ・ジャクソンとキャサリン・ジャクソンの娘として生まれる。彼女の生まれたジャクソン一家は有名で、マイケル・ジャクソンを含むジャクソン・ファイヴのメンバーは実兄である。10人兄弟の末子。(兄8人・姉2人。兄のひとりが夭折)、太りやすい体質であり、少女時代は「ロバ」とからかわれていた。
7歳から演技の舞台に立ち、アメリカのテレビドラマを中心にまずまずの活躍をする。
1980年代
兄弟とのデュエット曲やバックボーカルとしてのキャリアはあったものの、本格的にシンガーソングライターの道を歩み始めたのは1982年、彼女が16歳の頃である。A&Mレコードからファースト・アルバムとなる『ヤング・ラヴ』をリリースするが、商業的には不発であった。しかし、そのアルバムからシングルカットされた楽曲「ヤング・ラヴ(Young Love)」と「ギヴ・ユア・ラヴ・トゥ・ミー(Come Give Your Love To Me)」がヒット。前者はR&Bチャートの6位に届いた。続いてリリースされた「セイ・ユー・ドゥ(Say You Do)」もまた15位と健闘した。
1984年、セカンド・アルバム『ドリーム・ストリート』を発表。兄のマーロン(Marlon)から提供された、これまでよりもファンキーでアップテンポな楽曲で、その音楽性に進展が見られたものの、商業的には不成功に終わった。
同年、歌手ジェイムズ・デバージ(James Debarge)と結婚したが、わずかな期間で離婚。
1年後の1985年、日本企業とのタイアップで、日本でのみ発売するための楽曲「Start Anew」を収録している。
ジャネットは、次期アルバム制作のため、ミネアポリスで活躍中のプリンス一派のプロデューサーコンビ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの下へ。1986年、これにより完成したサードアルバム『コントロール』を発表。“ジャクソン・ファミリー”のプレッシャーから脱却したいジャネットと、プリンスの影響下から離れてプロデューサーとして自立したいジャム&ルイス、相互のモチベーションが相乗効果をもたらし、アルバムは非常に高いクオリティを達成し、ポップスチャートとR&Bチャートで1位を獲得。アルバム収録曲全9曲のうち6曲までもがシングルカットされ、そのうち5曲はポップスチャートで連続して5位以内に入った。中でも最もヒットしたのが「あなたを想うとき(When I Think Of You)」で、ビルボードシングルチャートにて初の1位を獲得。これ以後、彼女の知名度は飛躍的に高まった。本人が「実質的な、私のファーストアルバム」と語っている位、思い入れの強いアルバムである。実際にコンサートなどでは、このアルバム以前の曲は一切演奏されない。また、1996年に発売されたベスト・アルバム『デザイン・オブ・ア・ディケイド / グレイテスト・ヒッツ』(decade = 10年間)でも、1986年より前は無視されている(ただし、北米のみで発売された同アルバムの限定版では、『コントロール』以前の曲も収録されていた)。
以来20年に渡って、ジャム&ルイスとのタッグは続き、他のプロデューサーと楽曲を制作することは少なかった。
次のアルバムとなる『リズム・ネイション 1814』がリリースされたのは、1989年になってである。人種差別・性差別やホームレス、薬物などなどの政治問題を積極的に取り入れた本作品は、ポップスとR&Bのチャートで1位を獲得した。
表題曲「リズム・ネイション(Rhythm Nation)」のビデオ・クリップは、兄マイケルの影響が見られるものの、完成度の高いダンスで構成され、彼女のスタイルを確立するとともに、音楽シーンに多大な影響を与えた。ライブでは激しいダンスのため、リップシンクでパフォーマンスされることが多い。この曲は、ジャネット本人が出演する日本航空のCMにも使用された。
1990年の初来日公演では、東京ドームでの最高観客動員を記録した。これにより、Rhythm Nation Tourでは2度の来日公演(5月と11月)が実現した。
1990年代
1993年のアルバム『ジャネット(janet.)』からヴァージン・レコードに移籍。シングル「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」が、自身最高のビルボード8週連続1位を記録。このアルバムではセクシーな表現が一層目立つようになり、マドンナと比較されることがある。同年『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』(2パックと共演)で映画初出演。ゴールデンラズベリー賞最低新人俳優賞受賞。
兄マイケルとの仲の良さは有名で、1993年に少年への性的虐待疑惑でメディアが過熱した際は、無実を祈ってワールドツアー(janet. World Tour)のステージ上で黙祷を捧げた。
1995年には、マイケルとのデュエット曲「スクリーム(Scream)」を発表。この曲は、マイケルのアルバムに収録されたにも関わらず、ジャム&ルイスなどジャネット側の制作陣が手掛けた。
1997年、アルバム『ザ・ヴェルヴェット・ロープ(The Velvet Rope)』を発表。これ以降は姓を略した「JANET」名義で作品をリリースする場合がある。同性愛やSMやドメスティック・バイオレンスなど様々なテーマを取り上げ、セールスは前作を下回ったものの、亡くなった友人に捧げた曲「トゥゲザー・アゲイン」が全米1位のヒット。
1999年、長年に渡るボーイフレンドのレネ・エリゾンドと密かに結婚、そして離婚していたことを公表した。
2000年代
2000年、エディ・マーフィー主演映画『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』のヒロイン役で成功を収めた。その主題歌「ダズント・リアリー・マター(Doesn’t Really Matter)」もヒット(島谷ひとみのヒット曲「パピヨン〜papillon〜」の原曲)。日本のオリコンでは、自身最大のヒットシングルとなり、同年のオリコン洋楽シングルチャートの年間1位を記録した。
2001年のアルバム『オール・フォー・ユー』は、過去の作品に比べるとポップな内容が受け、日本では80万枚を超える自身最大のヒットとなった。
2004年2月、国民的ショーである第38回スーパーボウルのハーフタイムショーでジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット中に片方の胸を露出する事件を起こし、激しい非難を浴びる。当初はハプニングを装っていたが、意図的な演出だったことを告白。生中継したテレビ局が罰金処分を受けたり、直後のグラミー賞やアカデミー賞の中継でハプニング防止策が取られるなど、波紋は大きかった。
同年3月発表されたアルバム『ダミタ・ジョー』は、これまで以上に性的表現が目立っている。事件の影響からか、『コントロール』以降では初めて商業的に失敗した作品となった。
2006年初頭には体重が増え、次のアルバムは大丈夫かと不安がる人もいたが、4ヶ月で27キロ減らし55キロまで体重を落とし、6月5日に米国で発売された雑誌「US Weekly」ではそのダイエットの詳細を掲載した。なお、体重増は映画出演のための役作りであったとされるが、結局映画出演は立ち消えになったため、真相は不明。
同年9月、アルバム『20 Y.O.』(トゥエンティ・イヤーズ・オールド)を発売。ジャム&ルイスとの共同制作が20年を迎える記念碑的作品となった。過去のヒット曲のテイストを織り込んで制作したとされるが、当時の恋人である著名プロデューサーのジャーメイン・デュプリの参加によりジャム&ルイス色が薄らいでいる。セールス面では前作を大きく下回る結果となった。
2007年、ヴァージン・レコードとの契約を更新せず、同じくヴァージンを去ったジャーメイン・デュプリを追いかける形でアイランド・レコード(ユニヴァーサル・ミュージック・グループ)に移籍した。
2007年1月、アメリカの経済誌フォーブスがエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ジャネットは総資産181億円で7位にランクインした。
2007年10月に米国で公開された映画『Why Did I Get Married?』に主役級で出演している。
2008年2月、アルバム『Discipline(ディシプリン)』を発売。『コントロール』以降で初めてジャム&ルイスが参加しておらず、またジャネット自身は作詞・作曲に一切関わっていない異例なスタイルで制作された。ビルボードHOT200では『オール・フォー・ユー』以来の1位を獲得したものの、セールスの減少は止められなかった。1stシングル「Feedback」はビルボードHOT100で最高19位。しかし、他のシングルカットはビルボードHOT100にランクインせず。
レーベルが数か月でプロモーションを放棄したことをジャネットは非難し、わずか1年・1作品のみで、アイランドとの契約を終えたことが9月に明らかになった。
2008年9・10月に7年ぶりのツアー『Rock Witchu Tour』を米国とカナダのみで開催。規模が小さく商業的には不振に終わっている。また体調不良により幾つかの公演をキャンセルした。2009年2月に日本でも5公演が予定されたものの、1月下旬に「金融危機の影響」として延期を発表、後にキャンセルされた。
2009年9月、新曲「Make Me」をインターネットで発表。11月には同曲を含むベストアルバム『Number Ones』(米国外では『The Best of Janet Jackson』)を発売。
2013年2月にEntertainment Tonight紙の取材において、以前から交際していたカタールの大富豪ウィサム・アル・マナ氏(Wissam Al Mana)と2012年末に密かにプライベートな結婚式を挙げていたことを公表した。結婚の贈り物はお互い児童チャリティへの寄付を選んだ。”

(​引​用​:​​Wikipedia
出生 1966年5月16日
出身地 アメリカ・インディアナ州,ゲーリー
ジャンル R&B、ポップ・ミュージック、ロック
活動期間 1976年 – 現在
公式サイト janetjackson.com

PVランキング(週間/TOP10)

  1. Janet Jackson – Come Back To Me 7 views
  2. Janet Jackson – Runaway 6 views
  3. Janet Jackson – All For You 3 views
  4. Janet Jackson – Doesn’t Really Matter 3 views
  5. Janet Jackson – Together Again 3 views
  6. Janet Jackson – Any Time, Any Place 3 views
  7. Janet Jackson – Miss You Much 3 views
  8. Janet Jackson – Every Time 3 views
  9. Janet Jackson – Alright 2 views
  10. Janet Jackson – Whoops Now 2 views

PVランキング(全期間/ALL)

  1. Janet Jackson – All For You 1,889 views
  2. Janet Jackson – Every Time 1,465 views
  3. Janet Jackson – Doesn’t Really Matter 798 views
  4. Janet Jackson – Again 623 views
  5. Janet Jackson – Runaway 600 views
  6. Janet Jackson – Together Again 538 views
  7. Janet Jackson – Rhythm Nation 508 views
  8. Janet Jackson – Come Back To Me 460 views
  9. Janet Jackson – That’s The Way Love Goes 419 views
  10. Janet Jackson – Because Of Love 411 views
  11. Janet Jackson – Young Love 402 views
  12. Janet Jackson – All Nite (Don’t Stop) 398 views
  13. Janet Jackson – Nasty 390 views
  14. Janet Jackson – Miss You Much 387 views
  15. Janet Jackson – Just A Little While 372 views
  16. Janet Jackson – If 343 views
  17. Janet Jackson – Escapade 334 views
  18. Janet Jackson – Love Will Never Do (Without You) 313 views
  19. Janet Jackson – Whoops Now 311 views
  20. Janet Jackson – Funny How Time Flies (When You’re Having Fun) 295 views
  21. Janet Jackson – Call on Me 258 views
  22. Janet Jackson – Let’s Wait Awhile 247 views
  23. Janet Jackson – Alright 240 views
  24. Janet Jackson – Someone to call my lover 237 views
  25. Janet Jackson – When I Think Of You 219 views
  26. Janet Jackson – Control 204 views
  27. Janet Jackson – Rock with U 204 views
  28. Janet Jackson – Any Time, Any Place 191 views
  29. Janet Jackson – Black Cat 160 views
  30. Janet Jackson – You Want This 159 views
  31. Janet Jackson – Come Give Your Love to Me 143 views
  32. Janet Jackson – Make Me 131 views
  33. Janet Jackson – What Have You Done For Me Lately 129 views
  34. Janet Jackson – Got ‘Til It’s Gone 120 views
  35. Janet Jackson – Go Deep 102 views
  36. Janet Jackson – Son Of A Gun 97 views
  37. Janet Jackson – I Want You 95 views
  38. Janet Jackson – Feedback 92 views
  39. Janet Jackson – So Excited 73 views
  40. Janet Jackson – Twenty Foreplay 70 views
  41. Janet Jackson – Say You Do 66 views
  42. Janet Jackson – I Get Lonely 62 views
  43. Janet Jackson – Don’t Stand Another Chance 49 views
  44. Janet Jackson – Dream Street 39 views
  45. Janet Jackson – Don’t Mess Up This Good Thing 28 views
  46. Janet Jackson – The Pleasure Principle 27 views
  47. Janet Jackson – Fast Girls 25 views
  48. Janet Jackson – Two to the Power of Love 22 views

Discography

Janet Jackson / (1982/9/21)
曲目リスト
1. Say You Do
2. You’ll Never Find (A Love Like Mine)
3. Young Love
4. Love And My Best Friend
5. Don’t Mess Up This Good Thing
6. Forever Yours
7. The Magic Is Working
8. Come Give Your Love To Me
Dream Street / (1984/10/23)
曲目リスト
1. Don’t Stand Another Chance
2. Two to the Power of Love
3. Pretty Boy
4. Dream Street
5. Communication
6. Fast Girls
7. Hold Back the Tears
8. All My Love to You
9. If It Takes All Night
Control / (1984/10/23)
曲目リスト
1. Control
2. Nasty
3. What Have You Done For Me Lately
4. You Can Be Mine
5. The Pleasure Principle
6. When I Think Of You
7. He Doesn’t Know I’m Alive
8. Let’s Wait Awhile
9. Funny How Time Flies (When You’re Having Fun)
Rhythm Nation / (1989/8/24)
曲目リスト
1. Interlude: Pledge
2. Rhythm Nation
3. Interlude: T.V.
4. State Of The World
5. Interlude: Race
6. The Knowledge
7. Interlude: Let’s Dance
8. Miss You Much
9. Interlude: Come Back Interlude
10. Love Will Never Do (Without You)
11. Livin’ in a World (They Didn’t Make )
12. Alright
13. Interlude: Hey Baby
14. Escapade
15. Interlude: No Acid
16. Black Cat
17. Lonely
18. Come Back to Me
19. Someday is Tonight
20. Livin’… In Complete Darkness
Janet / (1993/5/18)
曲目リスト
1. Morning
2. That’s The Way Love Goes
3. You Know
4. You Want This
5. Be A Good Boy
6. If
7. Back
8. This Time
9. Go On Miss Janet
10. Throb
11. What’ll I Do
12. The Lounge
13. Funky Big Band
14. Racism
15. New Agenda
16. Love Part 2
17. Because Of Love
18. Wind
19. Again
20. Another Lover
21. Where Are You Now
22. Hold On Baby
23. The Body That Loves You
24. Rain
25. Any Time, Any Place
26. Are You Still Up
27. Sweet Dreams
28. Whoops Now
Velvet Rope / (1997/10/6)
曲目リスト
1. Interlude – Twisted Elegance
2. Velvet Rope
3. You
4. Got ‘Til It’s Gone
5. Interlude – Speaker Phone
6. My Need
7. Interlude – Fasten Your Seatbelts
8. Go Deep
9. Free Xone
10. Interlude – Memory
11. Together Again
12. Interlude – Online
13. Empty
14. Interlude – Full
15. What About
16. Every Time
17. Tonight’s The Night
18. I Get Lonely
19. Rope Burn
20. Anything
21. Interlude – Sad
22. Special (Contains Hidden Track ‘Can’t Be Stopped’)
All for You / (2001/4/24)
曲目リスト
1. Intro
2. You Ain’t Right
3. All For You
4. 2wayforyou (Interlude)
5. Come On Get Up
6. When We Oooo
7. China Love
8. Love Scene
9. Would You Mind
10. Lame (Interlude)
11. Trust A Try
12. Clouds (Interlude)
13. Son Of A Gun
14. Truth
15. Theory (Interlude)
16. Someone To Call My Lover
17. Feels So Right
18. Doesn’t Really Matter
19. Better Days
20. Outro
21. Son Of A Gun (P. Diddy remix featuring Missy Elliott and P. Diddy)
Damita Jo / (2005/10/31)
曲目リスト
1. Looking For Love
2. Damita Jo
3. Sexhibition
4. Strawberry Bounce
5. My Baby (featuring Kanye West)
6. The Islands
7. Spending Time With You
8. Magic Hour
9. Island Life
10. All Nite (Don’t Stop)
11. R&B Junkie
12. I Want You
13. Like You Don’t Love Me
14. Thinkin’ Bout My Ex
15. Warmth
16. Moist
17. It All Comes Down To Love
18. Truly
19. The One
20. SloLove
21. Country
22. Just A Little While
20 Y.O. / (2006/9/20)
曲目リスト
1. (Intro) 20
2. So Excited
3. Show Me
4. Get It Out Me
5. Do It 2 Me
6. This Body
7. 20 Part 2 (Interlude)
8. With U
9. Call On Me
10. 20 Part 3 (Interlude)
11. Daybreak
12. Enjoy
13. 20 Part 4 (Interlude)
14. Take Care
15. Love 2 Love
16. (Outro) 20 Part 5
Discipline / (2008/2/26)
曲目リスト
1. I.D. (Interlude)
2. Feedback
3. LUV
4. Spinnin (Interlude)
5. Rollercoaster
6. Bathroom Break (Interlude)
7. Rock With U
8. 2nite
9. Can’t B Good
10. 4 Words (Interlude)
11. Never Letchu Go
12. Truth Or Dare (Interlude)
13. Greatest X
14. Good Morning Janet (Interlude)
15. So Much Betta
16. Play Selection (Interlude)
17. The 1 (feat. Missy Elliott)
18. What’s Ur Name
19. The Meaning (Interlude)
20. Discipline
21. Back (Interlude)
22. Curtains
Best Album
Design of a Decade 1986/1996 / (1995/10/10)
曲目リスト
1. Runaway
2. What Have You Done For Me Lately
3. Nasty
4. When I Think Of You
5. Escapade
6. Miss You Much
7. Love Will Never Do (Without You)
8. Alright
9. Control
10. The Pleasure Principal
11. Black Cat
12. Rhythm Nation
13. That’s The Way Love Goes
14. Come Back To Me
15. Let’s Wait Awhile
16. Twenty Foreplay
Number Ones / (2009/11/17)
曲目リスト
ディスク:1
1. What Have You Done For Me Lately
2. Nasty
3. When I Think Of You
4. Control
5. Let’s Wait Awhile
6. The Pleasure Principle
7. Diamonds
8. Miss You Much
9. Rhythm Nation
10. Escapade
11. Alright
12. Come Back To Me
13. Black Cat
14. Love Will Never Do (Without You)
15. The Best Things In Life Are Free
16. That’s The Way Love Goes
ディスク:2
1. If
2. Again
3. Because Of Love
4. Any Time, Any Place
5. Scream–Michael Jackson and Janet
6. Runaway
7. Got `Til Its Gone
8. Together Again
9. I Get Lonely
10. Go Deep
11. What’s It Gonna Be
12. Doesn’t Really Matter
13. All For You
14. Someone To Call My Lover
15. All Nite
16. Call On Me with Nelly
17. Feedback
18. Make Me
Icon / (2010/9/2)
曲目リスト
1. What Have You Done For Me Lately
2. Nasty
3. When I Think Of You
4. Miss You Much
5. Escapade
6. Alright
7. That’s The Way Love Goes
8. Together Again
9. Doesn’t Really Matter
10. All For You
11. Make Me
12. Nothing from the film Tyler Perry’s Why Did I Get Married Too?
Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)のyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)を気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)の関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る