FavoriteLoadingこの記事をサイト内お気に入りに追加する
Dr. Dre(ドクター・ドレー)がお気に入りに登録された数:85
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。あなたの評価を教えてください。
 
“アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、ラッパー、実業家、俳優である。ヒップホップ・ミュージックの分野で、最も影響力があり、最も成功し、最も有名なプロデューサーの一人である。ドクター・ドレーのアルバム、「クロニック」と「2001」は批評的にもセールス的にも成功した。特に前者はその後4年間(1992-1996)、ヒップホップ・ミュージックの主流となり、今日まで影響を与え続けているウェスト・コーストのGファンクの始まりとして、ヒップホップに革命をもたらしたと評価されている。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第56位。
ドクター・ドレーは、1980年代前半に、ワールド・クラス・レッキン・クルー(World Class Wreckin’ Cru)の一員としてプロデューサーとしてのキャリアを開始した。1986年に、ドレーとワールド・クラス・レッキン・クルーのメンバーであるDJ・イェラ(DJ Yella)は、1990年代にギャングスタ・ラップと呼ばれるスタイルを確立したラップ・グループ、N.W.A.に初期メンバーとして参加した。
N.W.A.の大成功の後、N.W.A.とそのレーベルであるルースレス・レコード(Ruthless Records)の創設メンバーであるイージー・E(Eazy E)との不和により、人気の頂点にあった1991年に同グループを脱退し、シュグ・ナイトと共にデス・ロウ・レコード(Death Row Records)を設立した。
1992年春に初のソロ・シングル「ディープ・カバー(Deep Cover (AKA 187))」を発表した。このシングルは、MCのスヌープ・ドギー・ドッグ(現スヌープ・ドッグ)との共演の始まりとなった。スヌープは、同年発表のドレーのソロデビューアルバム、「クロニック」でも大々的にフィーチャーされた。同アルバムは「ナッシン・バット・ア・G・サング(Nuthing But A ‘G’ Thang)」、「ファック・ウィズ・ドレー・デイ(**** Wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’))」、「レット・ミー・ライド(Let Me Ride)」などのヒット・シングルを生み出し、マルチ・プラチナ・アルバムとなり、歴史上最も売れたヒップホップアルバムの一つとなった。「レット・ミー・ライド」は、1993年のグラミー賞ベスト・ラップ・ソロ・パフォーマンスを獲得した。
続く1993年、ドレーはスヌープ・ドッグのデビューアルバム「ドギー・スタイル(Doggystyle)」をプロデュースした。同アルバムは、初のビルボード・チャート1位デビューという大ヒットを記録した。
1996年には、2パック、ロジャー・トラウトマン共演の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」をプロデュースし、自らも客演することで大ヒットさせた。この大ヒットにより、デス・ロウ、そしてドレー自身の音楽業界での立場が確固たるものとなった。しかし、同年の終わり、2パックが死亡し、シュグ・ナイトが脅迫罪に問われて逮捕されたことにより、デス・ロウの存在が危うくなった。これを受けてドレーは同レーベルを脱退、自らの手でアフターマス・エンターテインメント(Aftermath Entertainment)を立ち上げた。それと同時に発表されたアルバム「ドクター・ドレー・プレゼンツ〜ジ・アフターマス」は、アフターマスと契約した新人の曲を含むコンピレーションで、ドレー自身のヒット・シングル「ビーン・ゼア・ダン・ザット(Been There, Done That)」も収録されている。同曲は、ドレーがギャングスタ・ラップへの決別を表現していることが特徴的な曲であった。アルバムはプラチナムとなったが、ドレーとしては商業的にも質的にも失敗作であったといわざるを得ない。
1997年には、ナズ、フォクシー・ブラウン、AZ、ネイチャーらが参加したアルバム「ザ・ファーム(The Firm: The Album)」に収録された数曲をプロデュースした。このアルバムもプラチナムとなったが、同様に批判的な評を受けた。
アフターマスの転機は、ドレーがデトロイトのラッパー、エミネムと契約した1998年に訪れた。1999年にはエミネムのメジャーデビューアルバム「ザ・スリム・シェイディ LP」、続く2000年には「ザ・マーシャル・マザーズ・LP」をプロデュースした。後者のアルバムで、より多くの曲を手がけているが、うち5曲はメル・マンとの共作である。2002年発表の「ザ・エミネム・ショウ」では、エミネム自身のプロデュースが増えているが、2004年発表の「アンコール」では再びドレーのプロデュース曲が増えている。
ドレー自身の2枚目のアルバム「2001」は1999年に発表された。同アルバムにはデヴィン・ザ・デュード、ヒットマン、スヌープ・ドッグ、エミネムなど、多くの客演があった。
2000年には、グラミー賞のプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。これは「ザ・マーシャル・マザーズ LP」と「2001」における業績に与えられたものである。これらのアルバムは、深く豊かなベースラインに高音のピアノと弦楽器のメロディを重ねるという、その後の楽曲の方向性を示唆した。このスタイルは、ドレーのプロデュースの、イヴの「レット・ミー・ブロウ・ヤ・マインド(Let Me Blow Ya Mind)」、バスタ・ライムズの「Break Ya Neck」、メアリー・J・ブライジの「ファミリー・アフェアー(Family Affair)」などの各曲に活かされている。
「SET IT OFF」、「ザ・ウォッシュ」、「トレーニング・デイ」などの映画にも出演。彼自身は後に役者になるつもりは無かったと語っている。ノクターナル(Knoc-turn’al)をフィーチャーした「バッド・インテンションズ(Bad Intentions)」は、「ザ・ウォッシュ」のサウンドトラックに収録されている。同サウンドトラックでは、他に「On the Blvd.」、「The Wash」という曲で、スヌープ・ドッグと競演している。
2003年には、クイーンズ区出身のMC50セントのメジャーデビューアルバム「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン(Get Rich Or Die Tryin’)」をエミネム、オービー・トライスと共にプロデュースし、ヒットさせた。同アルバムからは、特にドレープロデュースのシングル「イン・ダ・クラブ(In Da Club)」がヒットした。
ドレー自身の最後のアルバムになると噂されている「Detox」は、2004年に発表されると言われていた。同アルバムの制作は中止になったと一時期言われた。これは、ドレー自身がアフターマスに所属する他のアーティストのプロデュース業に専念するという発言による。しかし、2004年11月には再び2006年にリリースする予定であると告げられ、以降度々延期を繰り返している。
2010年末、とうとう「Detox」からの正式先行シングルとして、”Kush feat. Snoop Dogg & Akon”を発表。後にPVも公開された。
ドレーは2006年発表のスヌープ・ドッグの8枚目のアルバム「The Blue Carpet Treatment」に、久々にプロデュース曲を提供している。近年は歴史的な天才作曲家で名プロデューサー、シンガーでもあるバート・バカラックのアルバムでコラボレーションを果たしたり、映画のスコアを作曲したいと発言する等他ジャンルへの挑戦にも意欲的である。”

(​引​用​:​​Wikipedia
出生 1965年2月18日
出身地 アメリカ・カリフォルニア州,ロサンゼルス
ジャンル ヒップホップ
活動期間 1984年 – 現在
公式サイト drdre.com

PVランキング(週間/TOP10)

  1. Dr. Dre – Deep Cover 2 views
  2. Dr. Dre – The Next Episode 1 view

PVランキング(全期間/ALL)

  1. Dr.Dre – Nuthin’ But A “G” Thang 2,304 views
  2. Dr. Dre – The Next Episode 366 views
  3. Dr. Dre – Deep Cover 227 views
  4. Dr. Dre – Forgot About Dre 218 views
  5. Dr.Dre – Dre Day 168 views
  6. Dr.Dre – Keep Their Heads Ringin’ 125 views
  7. Dr. Dre – Still D.R.E. 124 views
  8. Dr. Dre – Let Me Ride 115 views

Discography

Chronic / (1992/12/5)
曲目リスト
1. The Chronic (Intro)
2. Wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)
3. Let Me Ride
4. The Day the Niggaz Took Over
5. Nuthin’ But a “G” Thang
6. Deeez Nuuuts
7. Lil’ Ghetto Boy
8. A Nigga Witta Gun
9. Rat-Tat-Tat-Tat
10. The $20 Sack Pyramid
11. Lyrical Gangbang
12. High Powered
13. The Doctor’s Office
14. Stranded on Death Row
15. The Roach [The Chronic Outro]
16. Bitches Ain’t Shit
2001 / (1999/11/6)
曲目リスト
1. Lolo (Intro)
2. The Watcher
3. Fuck You
4. Still D.R.E.
5. Big Ego’s
6. Xxplosive
7. What’s The Difference
8. Bar One
9. Light Speed
10. Forgot About Dre
11. The Next Episode
12. Let’s Get High
13. Bitch Niggaz
14. The Car Bomb
15. Murder Ink
16. Ed-ucation
17. Some L.A. Niggaz
18. Pause 4 Porno
19. Housewife
20. Ackrite
21. Bang Bang
22. The Message/ Outro
Dr. Dre(ドクター・ドレー)のyoutubePV動画・歌詞を無料で視聴できます。
また、収録アルバムの購入リンク(AMAZON)、アーティスト(歌手)毎の当サイト独自の人気(オススメ)楽曲ランキング、 週別の洋楽ヒットランキングTOP30、1960年~最新の年間洋楽ランキングTOP100等を紹介しています。
Dr. Dre(ドクター・ドレー)を気に入って頂けましたら、Twitter,Facebook等,各SNSのボタンから共有をお願いします。 共有して頂けますと、管理人がとっても喜びます。ヽ(*´v`*)ノ


 
Dr. Dre(ドクター・ドレー)の関連記事

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽曲ランキング(週間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る