The Beatles

  • The Beatles - For You Blue

    1970年に発表された、ビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された、フォーク・ブルース・スタイルの曲。 作詞・作曲・ヴォーカルは、ジョージ・ハリスン。

  • The Beatles - The Long And Winding Road

    レノン=マッカートニーの作品。実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。リードヴォーカルはポール・マッカートニー。末期の楽曲で、1970年に発表されたラスト・アルバム『レット・イット・ビー』の収録曲である。

  • The Beatles - One After 909

    1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された楽曲である。作者については、ジョンは自作であると主張し、ポールは自伝「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」で10代の頃に共作したと述べていて、意見が分かれている。

  • The Beatles - I've Got A Feeling

    1970年に発表されたビートルズのラストアルバム『レット・イット・ビー』に収録されている楽曲である。「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」にも収録。 レノン=マッカートニーの作品。

  • The Beatles - Maggie Mae

    1970年に発表されたビートルズのラスト作となるイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』に収録されていた曲で最後の共同クレジット・ナンバー(ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン&リチャード・スターキー)である。

  • The Beatles - Dig it

    1970年に発表されたザ・ビートルズの最後のアルバム『レット・イット・ビー』に収録されたジャム・セッション・ナンバーである。 作詞・作曲はメンバー全員の共同クレジット(ジョージ・ハリスン&レノン&マッカートニー&リチャード・スターキー)である。

  • The Beatles - I Me Mine

    1970年に発表されたビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された楽曲である。 もともとこの曲は、リリースされずに終わったアルバム『ゲット・バック』(後に『レット・イット・ビー』としてリメイクされた)の収録曲候補ではなかった。

  • The Beatles - Across the Universe

    世界自然保護基金へのチャリティ・アルバム『ノー・ワンズ・ゴナ・チェンジ・アワ・ワールド』及びイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』に収録されたビートルズの楽曲である。 レノン=マッカートニー作品であり、実質的にはジョン・レノンの作とされる。

  • The Beatles - Dig A Pony

    1970年に発表されたビートルズの最後のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された楽曲である。 レノン=マッカートニーの作品。実質的にはレノンの作った楽曲である。

  • The Beatles - Two of Us

    1970年に発表されたビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録されている楽曲である。 レノン=マッカートニーの作品。実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。

  • The Beatles - The End

    イギリスのロックバンド・ビートルズが1969年に発表したアルバム『アビイ・ロード』の収録曲。ポール・マッカートニー作。同アルバム後半のメドレーの最後を飾る曲。実質的に本アルバムの収録を以てビートルズは解散したので「ビートルズ最後の曲」と解釈することもできる。

  • The Beatles - Carry That Weight

    ビートルズのアルバム『アビイ・ロード』の最後を飾るメドレーの一部として発表された曲である。サビはビートルズの全員がユニゾンでコーラスをつけている。前曲の「ゴールデン・スランバーズ」と連続して演奏され、アルバムのフィナーレである「ジ・エンド」に続く。

  • The Beatles - Golden Slumbers

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたポール・マッカートニー作の曲で「キャリー・ザット・ウェイト」→「ジ・エンド」、アンコール・ナンバーの「ハー・マジェスティー」と続くメドレーのオープニングを飾る曲である。

  • The Beatles - She Came in Through the Bathroom Window

    1969年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』に収録されたポール・マッカートニー作の曲でB面メドレーの前半ラストを飾る曲。アルバム、ザ・ビートルズ・アンソロジー3にもややスローテンポのデモ・バージョンが収録されている。

  • The Beatles - Polythene Pam

    1969年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』のB面メドレーに登場するジョン・レノン作の曲だが、このアルバムがビートルズにとって実質ラストのアルバムであるため、ジョン作としては実質最後の公式発表曲となってしまった。

  • The Beatles - Mean Mr. Mustard

    1969年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』のB面メドレーの前半メドレーに登場する曲のひとつで、前曲の「サン・キング」同様ジョン・レノン作の曲。

  • The Beatles - Sun King

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された曲。 B面のメドレーは「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」と「ゴールデン・スランバー」を境に前半と後半(ちなみに「ハー・マジェスティー」はメドレーではなくおまけの曲である。

  • The Beatles - You Never Give Me Your Money

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたポール・マッカートニー作の曲でここから同アルバムのB面の特徴であるメドレーに入る。

  • The Beatles - Because

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたジョン・レノンによる曲(クレジットはレノン=マッカートニー)である。

  • The Beatles - Here Comes the Sun

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された。「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や「サムシング」と並ぶ、ジョージ作の傑作ナンバーである。

  • The Beatles - I Want You (She's So Heavy)

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された曲。 作詞、作曲、リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ビートルズの公式発表曲中、詞のあるものに限れば一番長い曲でもある(7分44秒)。

  • The Beatles - Octopus's Garden

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたリンゴ・スター(本名のリチャード・スターキー名義で発表)作の楽曲で、(単独に限れば)リンゴ作としては最後の公式発表曲。

  • The Beatles - Oh! Darling

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたオールド・ロックンロール・ナンバーである。ポール・マッカートニー作による曲。同年1月のゲット・バック・セッションで既に構想されており、映画『レット・イット・ビー』に冒頭をポールが演奏する画面が登場する。

  • The Beatles - Maxwell's Silver Hammer

    1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された曲。 リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。曲自体は『ゲット・バック』セッションでできあがっており、映画「レット・イット・ビー」でもそのリハーサル風景が収録されている。

  • The Beatles - Something

    1969年9月にビートルズが発表したイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビー・ロード』の収録曲であり、同年10月にシングル・カットされ21枚目のオリジナル・シングル曲ともなった。シングル盤は両A面曲で片面は「カム・トゥゲザー」である。

SEXYなミュージックビデオのまとめ
みんなの選んだ不朽の名曲達
pick up artist
    アーティスト検索

HOT ARTIST

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

お気に入りリスト

  • Your favorites will be here.

サイト内洋楽アーティストランキング(週間)

サイト内洋楽アーティストランキング(月間)

サイト内洋楽曲ランキング(月間)

サイト内洋楽アーティストランキング(全期間)

サイト内洋楽曲ランキング(全期間)

ページ上部へ戻る